FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
夏~秋ドラマ勝手な感想2
夏~秋ドラマ、
見てますよ、見てます。

ただ、特に書きたい!って
感想が・・・

暑いですからね((´∀`*))A

見ているのは

「義母と娘のブルース」
「高嶺の花」
「探偵が早すぎる」
「この世界の片隅に」

です。

***

「義母と娘のブルース」

二回目くらいまで
エロとか腹芸とか
佐藤健くんの意味不明とかの
変な演出が嫌で挫折したんですが
ここのところなんか見てます。

基本、心温まるいい話なんですよね。

で、どうやら
父親が病気で
自分が死んだ後の娘の生末を心配して
亜希子さんに託したらしい。

どうやら身内がいない様子。
にしても何故亜希子?と
なりますよね。

その性格ゆえというのは理解できても
彼女は一応独身ですから。
まだいける年齢で美女ですし。

おっと、ドラマはファンタジー。
追究するのはやめましょう。

で、今回は
良一が倒れて入院。
その世話をするはずの亜希子は
良一の体を拭くこともできない。
と、落ちこんでいる亜希子に
「会社にお詫びに行ってください」
と、良一からのミッション。

俄然やる気を出した亜希子は
良一の会社で良一が休むと困る仕事の
代わりをすることになった。

娘みゆきからも許可を得て出社し
成果をあげる。

良一も退院までに
良い数値を出すべく頑張りその通りに。

よかったね!

と行かないのがドラマでしょ。

毎回「おじゃる丸」のケンさんのように
違う職種で現れる佐藤健くんは
なんか怪しい「天の使い」のように
見えてきましたし、

良一が病院で仲良くなった人は
「じゃあ次の検査の時にまた会えますね」
なんて意味深な感じのセリフ。

良一には良くなってもらって
ハッピーエンドになるのがいいな。

で、来週はウエディングドレス?

と、予告がない・・・

撮影につまっているのか
それとも新しいやりかたか?

よくわからないけど
きっと来週も見るでしょう。

***

「高嶺の花」

今週は先週までとなんか違う。
セリフとか演出が・・・
話しの転換期だからといえばそうかも。
しかし
先週までの方が心地良かったかな。

ぷーさんと結婚を決意するもも。
しかし、
元婚約者の拓真に襲われて怪我をした父に
「お前の母親はお前を産むときに
跡継ぎを産めるなら幸せと言って亡くなった」
というような感じの事を言われて
何やら決意をする。

・・・ここまでで55分くらいね(笑)。

次の朝、ぷーさんにご機嫌で朝食を作るもも。

その姿を見てぷーさんは母の言葉を思い出す。

「女が機嫌がいい時は男にほにゃらら。
じゃなかったら、嘘を隠している」

んー・・・息子にほにゃららを言っちゃう母って
・・・。
そしてそういう事を
母との会話で思い出す息子ってどうよ!

で、こちらは来週式をあげる予定。
邪魔されるのかな?

なんか、あの父親の罠に
ももがどんどんはまっていくような
気がする・・・。

でさ、先週崖の上の高嶺の花を採ろうとして
落ちてしまった学生はさ、
元美術教師だとかいう華丸さんに助けられて
しばらくそこで過ごすのかな。
いい方向に向かってくれるといいな。

あと、書き忘れてたけど
かしまし娘の照枝ねーちゃんと花江ちゃんの
金さん銀さんが好きです(笑)。

***

「探偵が早すぎる」

これもさ、なんだかんだと
毎週見てます(笑)
TVerですけどね。

見ているこちら側としては相変わらず
子供の頃のヒーローもののコメディーを
見ているような感じです。

でも、悪の組織がヒロインを倒せないんだから
毎回手を変え品を変えてかかってくるのは
仕方がないのね(笑)。

広瀬アリスちゃんが毎度
笑かしてくれます。

そんで、サブドラマで
「私橋田さんに似てる」ってマネしてたけど
ホットペッパーのCMのアリスちゃんが
水野美紀さんに激似というとこから
きているのでしょうか?(笑)

そういう小ネタは好きです。

あとね、千曲川が食事をするとこが
ズートピアのナマケモノみたいで
おもしろい(爆)

***

「この世界の片隅に」

先週すずが迷子になって
リンに助けてもらったとこを見て
二階堂ふみってうまいなぁ。と思い、
それからなんとなく見ています。

そして思いのほか
主役の松本穂香ちゃんも上手いです。
のんきなすずの感じが好感持てます。

で、今回は
リンドウが咲くのを見て
リンドウの茶碗、リン、
リンが出した「自分の居場所」を書いた紙、
と、次々と繋がって
周作の文字と大学ノートの裏表紙の
切られた跡を見て
リンと周作の関係に気づいてしまいます。

次回はそんなすずのもとに
好意を持っていた幼馴染が現れる
という話のようです。

義理の姉の尾野真千子が
意地悪ぶりを発揮していい!との噂で
見てみたけれど、
今回は案外いい小姑ぶりでした(笑)。

しばらく見ると思いますが
辛そうになったら見なくなると思います。

*****

と、こんな感じでしょうか。

今週はどこも転換期な感じで
これからどうなるのか楽しみです。

************************



************************

スポンサーサイト
【2018/08/09 11:04】 | TVをお試し |
夏~秋ドラマ勝手な感想1
夏~秋ドラマ、
すっかり始まってしまいました。
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

一応見てます。

なので見たものの
勝手な感想書きます。

***

「義母と娘のブルース」

綾瀬はるか演じる
堅物のキャリアウーマン部長が
(ぶちょーじゃない(笑))
竹野内豊演じる・・・どんな関係??
の、子持ちの男と結婚して、
その子供との関係性が書かれたドラマ

ってことになるんだと思う。

綾瀬はるかのドラマは基本好き。
竹野内豊も好き。
なら、見るでしょう。

でも、なんだかシックリいかない。

やり手で堅物の綾瀬はるかは
好きなんだけど

コメディー感狙った演出が
どうも・・・。

そうなると
BOSSでは面白カッコイイ竹野内くんも
下手に見えてくる。

一話は後半だけ見て、
二話はTVerで見出したけど
半分まで見てやめました。

思ったほど入り込めなくて
ごめんなさい。

嫌いという程じゃないけど
ワクワクとか「好き」な点が
みつかりませんでした。

なので脱落です。

***

「高嶺の花」

綾瀬はるかに続き
石原さとみのドラマも基本好き。

相手役の峯田和伸さんは
「ひよっこ」のおじさん。
興味ある。

が、脚本が野島伸司さんてことで、
この方のドラマはアクが強くて
途中で気分が悪くなってリタイアって
イメージが強いのでどうかなと思いつつ
見ました。

芸術家(華道)のももと
下町の自転車屋さんのぷーさんの
物語。

初っ端10分見損なったんだけど

ももとぷーさんの出会いがあったのね。
婚約者に裏切られて
ストーカー化してしまったもも。
恋の傷は恋で癒してそいつも捨てろ!
と冷酷な華道家の父。

その教えに従っているわけじゃないと思うけど
ぷーさんを手玉に取るもも。

でも、癒されているんだよねぇ
ぷーさんの不思議な力に。

この感覚が私、好きです。

ぷーさんの不思議な力は
昔の恩師にもわかっていて
はぐれた子供をぷーさんに預ける。

その子はももの自転車に「日本一周」の
旗をくくりつけられて
ぷーさんはそれをすすめる。

この子は徐々に癒されていくんだね。
と油断するなよ!野島作品だ。
これを忘れると痛い目に合うんだ。

でも今のところ自力でイイ感じの出口が
見えてきた。

こんなお話と
なんだか素敵な演出に魅かれてます。

演出(大塚恭司さん)の色かもしれません。

石原さとみちゃんが女としてとても
魅力的です。

綺麗です。

ただ、華道側のゴタゴタがどうも・・・。

まぁ、それも色に変わるのでしょうが。

とにかくこのドラマは好きです。

***

「探偵が早すぎる」

日テレ深夜枠は見た事ないのですが
評価を見たら良かったので
TVerで見ました。

調べたら脚本が
「99.9」の宇田学さん。

おもしろかったです。

広瀬アリス演じる一華は
天涯孤独かと思いきや
実は5兆の資産を持つお嬢様。

実の父親が亡くなって
その姉兄とその子らが
そんな女に遺産を渡すものかと
一華を殺しにかかってくる。

その魔の手からお嬢様を守るべく、
死んだ一華の父の秘書であり
一華を施設から引き取って
見守ってきた橋田と、
橋田が頼んだ探偵により
・・・

っていうお話です。

なんか昔の子供の漫画ドラマのごとく
悪者から身を守るって、
その悪者もドロンボー一見とか
悪の軍団とかみたく
同じ悪が同じヒロインをやっつけに来て
主人公がボヨヨーンってやっつけるって

今どき珍しいドラマやねぇ。

探偵が「早すぎる」ってのは
事件を未然に防ぐってとこみたい。

アリスちゃんが面白いし
滝藤さんもいい味出てますし、
口の回りが怪しい水野美紀さんも
危なっかしいようなベテラン感(笑)。

ただ、毎週は見ないかも(笑)。

*****

「見た」のは以上です。

ただ、通りすがりにチョビ見したのの
感想も書いておくと

**

「絶対零度」

前作見ていないのでわかりません。
上戸彩ちゃんは?
ん?実は生きてるの?
ま、見てないからどうでもいい。
でも、ラブロマンスの月9?
・・・諦めたんだな月9。

**

「健康で文化的な最低限度の生活」

自力で生活できない人の事ディスってる?
まさか見下してはいないと思うけど
そんな楽しいお話じゃないし
主役にパンチがなくて入り込めず。

**

「グッド・ドクター」

また韓国ドラマ・・・
オリジナルやれよーフジテレビ。
ってのと、
主役が朝ドラいらいちょっぴり苦手。
なのでごめんしたよ。
( TДT)ゴメンヨー。

**

「チア☆ダン」

こちらも同じ苦手な朝ドラの主役さん。
最近嫌いじゃなくなったけど
もう女子高生はやらなくて良し!
頑張ってください。

**

「サバイバル・ウエディング」

こちらは朝ドラの時は好評で、
他の役はなんだかなぁ・・・な波留ちゃん。
嫌いじゃない。けど
やっぱり、なんだかなぁ・・・。

**

「この世界の片隅に」

私ね、クセで
オールストーリーがわかるやつは
最初にあらすじに目を通しちゃうんです。

で、映画の印象では
物のない時代に
工夫をしながら一生懸命に
戦地に行った夫を待つ妻のお話。
と思っていたのですが

何やら壮絶なんですねぇ・・・。

戦争の悲惨さは昔から散々
数々のドラマで見させて頂き、
今となっては

「楽しいもの」「美しいもの」
を基礎にして見ていますので
このドラマはパスをさせていただきました。

あと、やっぱり主役の貫禄も
もう少し必要かもしれない。
いや、このドラマで華咲かすかも。

でも、ごめんなさいね。

**

「ゼロ」

脇はいいのになぁ~。
なんか主役を見て
数々の所属事務所の失態を
思い浮かべてしまう私・・・。

この子はいいにしても
メンバーの金髪サッカーはどうした?!
とか。
デッカイ行事のサポーター降りたくないから
&ドラマの主役もいろいろ影響あるから
もみ消したよね、完全。

とか思ってしまうやろー。

ゼロ~じゃないけど
ニュースキャスター自粛したメンバーも
おるのに
なんの違いやん???
とか

思ってしまうやろー。

はぁ・・・大人げなくてごめんなさい。

加藤君も針の筵なんだよね。

頑張ってください。

***

とまぁ、こんな感じです。

私としては
「家政婦の・・・」出演剛力ちゃんの時は
見るだにZOZOZOっとしていたので
石原さとみちゃんを見ても
似たようなIT系の悪寒がするのでは・・・
と懸念しておりましたが

はぁ・・・やっぱりもう
大物だわ石原さとみ。

あ、剛力ちゃんも好きですよ。
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ。

ということで
「高嶺の花」が
今のところ収穫です!

んな感じ~♪

***

朝ドラ「半分、青い」は
全部黒歴史になって
今や見ておりません。

次回作を楽しみにしています♪

************************



************************

【2018/07/20 17:48】 | TVをお試し |
春~夏ドラマ勝手な感想9
もうすっかり夏ですねぇ・・・
って、
本体は梅雨なのね。

それでも暑い空梅雨模様の最中に
春~夏ドラマ、
終わりました。

なので感想を・・・

*****

今期最後まで見たドラマ

「崖っぷちホテル!」

のみでした。

*****

「崖っぷちホテル!」

毎回感想を書いていたのですが
内容を把握してここに書こう
と思うと
どうしても、あの
ゆる~い雰囲気に
入り込めないので
途中から感想なしにしちゃいました。

すみません。

でも、あのドラマのファンなら
その気持ち、わかってくれると
思うのです。

「崖っぷちホテル!」は
内容がありそうで
どうでもよいドラマ。

出演者もクセがありそうで
そんなん気にならない。

ホテルウインヴルサマジック
とでも言いましょうか・・・

週末に素敵なホテルに行って
くつろぐ感じのドラマ。

従業員は未熟で
あっちこっちで
失敗しているのだけれど、
みんないい人だとわかるので
こっちも笑顔で気にせず
くつろいでいられる。

そんな、素敵な、不思議な
いいドラマでした。

文句を言おうと思えば
思いつく事は山ほどありますよ。
たとえば
お客さんが宿泊してるのに
従業員全員で送別会と称し
べろんべろんに酔っ払っているとか
・・・。

でも、そんなんツッコむ気にも
なりません。

当初の、多数演者さんへの心配なども
吹き飛ばしてくれた
このドラマは凄いです。

音楽や光の感じなど、
演出が特に良かったと思います。

ステキなドラマを
ありがとうございました。

またお会いしたいと熱望します。

***

今期ドラマのラストを飾った
「花のち晴れ」は、最後
「君の名は」化だったそうですね?
「それから」連呼で終わったとか。

途中回を見て、
面白そうだなと思ったのですが
おばちゃんの興味はそこまで
続きませんでした。

「君の名は」化については
・・・
見てないのでなんとも・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

***

そうそう

「コンフィデンスマンJP」も
途中回(竜雷太さんが出てた)と
最終回の終わり10分を視聴。

竜さん演じる金持ちオヤジの
遺産問題の回は
おもしろかったです。

古沢ドラマの中に一回は出てくる
シリアス漫画が混ざったようなお話。

トリックというかお話のつながりが
おもしろかった。

古沢ドラマは面白いとわかりながらも
最初に入り込めないとどうもね。

で、最終回の終り10分も
相当面白かったです。

その10分でその前の一時間分の
種明かしを回想して、
そして最後は
実はその回は
初回の前のお話だったというトリックも!

充分に楽しめました。

冷静になって見ると
初回につなげたのは
視聴者さんへのサービスみたいなもの
でしたけどね(*´ω`)。

やっぱ古沢さん、好きだ~♪
次は最初からずっと
魅きつけてくださいね♪

***

そうだ・・・「家政夫のミタゾノ」も
ちょっと見たけど
おもしろかったよ。

でもあの時間は
前の時間にTVつけてないので
つい見損ないました。

主題歌担当のリーダー島茂子が
ミュージックステーションに出て、
柱の陰から松岡君ミタゾノが
のぞいてた時には
思わず「ガンバレ!!!!!」と
強く応援しましたけどね。
(´;ω;`)ウッ…。

是非第三弾をお願いします。

***

「ヘッドハンター」と
「ブラックペアン」は
最初見ましたけど
結局後全然見ませんでした。

なんとなくね。

***

今期、異常な人気を博したのが
「モンテクリスト伯」と
「おっさんずラブ」。

モンテクリストと聞くと、
クロックムッシュ(マダム?)を
フライにしたおいしそうなヤツしか
思いつきません。(。・ω・。)ノ♡
が、
原作「巌窟王」だった。
・・・
そりゃわからんよ。

おディーンさまと横文字で
女子を引き付けようって魂胆だね!
その手には乗らん!と
視聴しなかった私。
別におディーンさまが嫌いなわけじゃない。
で、途中見たがもう遅し。
なんのこっちゃわからんかった。

でも、好評でようござんした。

「おっさんずラブ」は
あまりに好評だったので
最終回をTVerで視聴。

ご・・・ごめんなさい。

ソフトな初回から
徐々に見て行かないと
この刺激は強すぎます。

嫌じゃないけど

痒い・・・。

こそばゆくって
見てられませんでした。

初回から見れた方々は
幸福でしたね(o^―^o)・・・。

***

忘れてました「半分、青い。」

・・・

見てません (゜゜)!

*****

という感じかな。

そうそう「孤独のグルメ」は
とんかつ回の噂を聞き
見ました。

食べたい!

心底食べたい!

(*´ω`*)。

以上!

*****

夏~秋ドラマは
特に期待をするのも
おススメをするのもないかな・・・
と思いきや、

日曜夜9時に
岡田恵和脚本の
「この世界の片隅に」
が入ってます。

岡田さんの作品は好き。
「この世界・・・」はたしか
あまちゃんののんちゃんが吹き替えで
アニメ映画で好評なやつですよね?

戦争中のお話。
終戦に合わせてTBSらしいというか。

これは見ます。

他は・・・

一回は見る気はありますが
「見たい!」という感じではありません。
・・・
期待を裏切って面白いといいなぁ。

(*´ω`*)
************************



************************

【2018/06/28 14:55】 | TVをお試し |
春~夏ドラマ勝手な感想8
遅ればせながら
「崖っぷちホテル!」
の感想を・・・

***

「崖っぷちホテル!」

宇海が知人からブライダルを頼まれた。
丁度いいのでこのホテルでの
ブライダル事業のきっかけにしようと
みんなで受ける事にした。

プランナーはバーテンダーの枝川。
理由は
昔、ミスオマール海老のショーで出ていて
センスがありそうだから。

断ると思いきやあっさり受ける。

式は5日後。
当事者は今海外にいて、
宇海とは電話連絡のみ。

注文が多くて
3.45mのケーキを作れとか
生演奏のピアノを頼むとか
新婦入場を実況中継で盛り上げろとか
低予算のわりにいろいろ言ってくる。

普段から不愛想な枝川は
みんなに頼んで回るが
いい顔をされないので
「じゃぁ私がどうにかする!」と
キレてしまう。

ところが予算も時間もないので
ついに宇海を呼び出しギブアップ。

宇海いわく、

「大人が夢を叶えるのって
子供と違って難しいですよね」

「大人の夢を叶える秘訣は、
他人を信じて頭下げて
笑顔でいればいいって思うんです」

そして次の日、
自ら卵を泡立てて
ケーキを作る手伝いをするから
一緒にやってくれという枝川に対し、
ハルの専門学校の友達を大勢つれて
表れたハルと江口。

フロント係は
先日、怖がって行ってしまったが、
自分はピアノが得意だと言い、
生演奏を引き受ける。

お願いをした時には
不満顔だった丹沢もコッソリ
実況中継の練習をしていた。

そして式の前日のリハーサル。

みんな忙しいので
新婦の役は枝川がやることに。
そして、新郎役は時貞、
ではなく
先日仮採用でやってきた
前総支配人に雰囲気の似た男に
宇海がお願いしてきてもらった。

枝川がこの役を引き受けたのは
このホテルでブライダルをやるのが
前総支配人の夢だったから。

全てが上手くいき
うれし涙を流す枝川。

その時、余興で使う
巨大な球が転がって
ケーキを倒してしまう!

明日のウエディングケーキ~!

そこに宇海・・・
「すみません。知人から連絡があり
キャンセルになりました」

・・・。

とはいえ、
ブライダル事業に向けて
「お客様のどんな注文でも
迅速に叶える
ウインヴルサのウエディング!」
の基盤ができたので
めでたしめでたし
(*´ω`)。

というお話でした。

・・・ふぅ(;^_^A
相変わらず説明が大変なドラマだなぁ。

ま、それだけきちんとした
中身があるってことでしょうか??

今週はまったりと言うより
良いお話でした(#^.^#)。

このブライダルの話が
宇海が仕組んだ架空の話だったのか、
それとも本当だったのかは
謎のまま。

そこもまた、良いですね
(#^.^#)。

ただね、
先週入った清掃係の裕子が
妙に怪しくて、
ってか宇海を怪しんで
「バリスティンホテルに帰るつもり」だと
総支配人に告げ口をするのが
実に嫌な感じだった。

最初、これも宇海の仕込みかな
と思ったけど、
裕子の読みは間違っていたので
仕込みじゃなかったようです。

この子、いる?
いままでの良い雰囲気が
崩れないか?

お客の時は良い感じだったのになぁ。

多分、何か意味があるのでしょう。

あ、それに比べて
料理長のハルは
書かなかったけど
ずっと前向きで良いです♪

今回は専門学校の仲間が
みんなハルなまりで
おもしろかった。

ハルなまり、カワイイ!

***

ってことで、今回も
楽しめました。

で、なんですぐに
感想書かないかって言うと

このドラマが好きだから
感想書きたいからって、
一言一句逃さぬようにと
メモ取りながら見ているので
見終わると疲れちゃうんだよね。

書き逃すと
次に出てきた時に
見逃さないよう
聞き逃さないようにしなくっちゃ!と
・・・
こんなの楽しめないので
来週からはもっと
リラックスして見ようと思います。

ふぅ(;´・ω・)。

************************



************************

【2018/05/16 13:31】 | TVをお試し |
春~夏ドラマ勝手な感想7

「崖っぷちホテル!」と
「花のち晴れ」を見ましたので
感想を・・・。

***

「崖っぷちホテル!」

事務責任者の丹沢さんが辞めるという。
近くにできる高級ホテルに
引き抜きされたらしい。

それを聞いて
清掃係の吉村と
フロントマンの大田原も辞めると言い出す。

それを素直に受け入れる宇海。

そして早速
代わりの人を募集する。

そこで仮採用になったのは
宇海の知り合いの
やり手の中年男。

その人は総支配人の父、
前総支配人に雰囲気が似ていて
みんなにも信頼されていく。

丹沢たちの送別会が開かれる日、
丹沢はその男に
数日前からホテルを
見回す姿を指摘され、
「まだ未練があるのでは」と聞かれるが、
丹沢はそんなつもりで
見回していたのではなく、
自分が大事に世話をしてきた
このホテルの「幸運の食材」の
すっぽんのスポ太郎を
探していたのだという。

数日前からいないのに
誰もそれに気づいていない。
それが不満でここをやめる決意を
したのが本当の理由だと。

所が、総支配人だけは
ちゃんとスポ太郎が消えた事に気づき、
ずっと探していた。
そんな総支配人から
強い気持ちでやめないで欲しいと言われ、
そして、
仮採用の男は新しく建つホテルの人間で、
このホテルに偵察に来て、
ここが良いホテルとわかったので
新しく建てるのをやめることにした
と言われて
ここに留まることにした丹沢。

清掃係の吉村も
同僚の阿部が
先日ベッドメイキング体験の客の事
ばかり気にするので
腹が立って辞めようと思ったが
阿部も自分を大事に思ってくれている
ことに気づき、留まる事に。

大田原もピエールに止められ
やめるのをやめていた。

最後に、偵察に来た男が
新しいホテルを作るのをやめた理由が
もう一つあるという。
それはこのホテルを気に入った娘に
とめられたからだと。

そして、その娘を雇って欲しいと。

その娘は・・・
先日ベッドメイクの体験にやってきた
あの客でした。

チャンチャン・・・♪

というお話でした。

(*´Д`)ハァハァ。

なんか何かいてるのか
どう書いていいのかわかんなくて
意味不明な、
滝沢カレンになったような
文章になってしまった。
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ。

すみません( TДT)。

日曜日に見てから
なんか書く気がしなかったのは
こういう事だったんだね。
うまく書けそうになかったと。

このドラマ、楽しいんだけどさ。

おまけに毎回
必ず???的なとこがある。

今回初めて
先週の?が一個、
ベッドメイク体験の客の件が
最後に結びついたわけだけど、

フロントマンと一緒に辞めたいって
わざわざ出してきた
初見の若い従業員は
あれ、何だったのかな???
丹沢に「僕たち、わかります?」
なんて言っちゃうくらい
お初だったよね。
何で出てきた?

これはいつか謎が解けるのかな???

まぁ、そんな疑問もひっくるめて
このドラマが好きなので
いっか(#^.^#)。

***

「花のち晴れ」

このドラマ、初回1分見て
年齢層が違うと脱落したのですが、

結構前に番宣で何かの番組に
平野紫耀くんが出ていて
かわいかったのを思い出し、
何気に今回見てしまいました。

と言っても
今回の主役はC5の紅一点
意地悪姫だった愛莉。

ずっと音に意地悪をしてきた愛莉が
心を入れ替えて
音と友達になりたいと言い出した。

→はっはーん、よくあるやつだね。
そう言って思いっきり裏切るんでしょ?

最初拒否ってた音も
愛莉が何故神楽を大事に思うのか、
誰にも話さなかった思い出を聞き
心が打ち解けていく。

→おや?本気でイイ子?
よく見るとカワイイし。

ところが結果裏切り、
父の経営するレストランの倉庫に
フィアンセの天馬と閉じ込め
隠しカメラで神楽に見せて
「音はしょせんこんな女!」と。

しかし神楽に叱られて家出。

→・・・
スミマセン、見たと言っても
このあたりまででした
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ。

その家出先が
神楽との思い出の場所だって
わかったので
べつにいっかな。と。

今どっか見たら
結局愛莉は反省して
音と神楽を応援することになったと
・・・。

へー、そうってなるかな。
また裏切るんでしょ?

よくわかんないけど
また気が向いたら見るわ。

花より男子も時々見てたし
花ざかりの君たちへは
好きだったので
ハマったら見るかも・・・。

(A^^;)。

************************



************************

【2018/05/10 10:39】 | TVをお試し |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。