夏ドラマ勝手な感想6
「まれ」



この枠、以前から思っていた。

朝ドラは昭和以前の
主人公のモデルがいる
お話がいいと。

モデルがあれば
都合のいいサクセスストーリーでも
『ふむふむ、こんな奇跡もあるのだな』
と思える。

朝から一番見たくないのは、
現代の若い女主人公が
夢をかなえるの何だのと言いながら
恋愛に夢中になり
キャピキャピ言ってるやつだ。

この時間の視聴者に
青臭い小僧の浮き足立った恋愛話を
朝からときめいて見る人が
いるのだろうか。

だから、その手っぽい朝ドラは
最初から敬遠して見ない。

「どんど晴れ」とか「ウェルかめ」とか。
「まれ」もそう。

でも、途中に何回か見る。
見て、面白そうだと思ったら
なんとなく全体通して見ている。
「どんど晴れ」も「ウェルかめ」も
気がついたら結構見てた。

しかし「まれ」は
途中何回見ても
明日も楽しみにはならない。

この違和感はなんだろう。
そう思っていたある日、
「デート」の感想を見たくて
ヤフーテレビの感想投稿を見ていたら
「まれ」が異常な盛り上がりを
見せていた。

最初はそこすら敬遠していたのに
最近になって気になり覗いてみると
あまりの評判の悪さに
逆に「まれ」が見たくなってしまい、
思わず毎朝数分は見ている。

評判の悪さの内容は
脚本と演出のとっ散らかりようだが、
炎上のきっかけは
主役の子が「あさイチ」で、
一番好きな場面は
旦那役俳優とのキスシーンだとか、
ケーキ作りの練習などする暇はない
という内容の話しをした事らしい。

折悪く、
「天皇の料理番」の佐藤健くんは
物凄い料理の特訓に励んだと
言っていたらしく、
また、旦那役の俳優と
朝ドラと平行して
「第二の百恵友和」を狙って
映画の撮影に励んでいたとかが
わかると
ますます腹立たしさに拍車がかかる。

しかしそれより何より
脚本の悪さは本当に酷い。

途中、横浜編は実は少し続けて見ていたが、
一流パテシエを目指す素人少女が
生意気な口を利くは、汚い手で道具を触るは、
仕事に専念しないで
男の事ばかり考えているは、
それが純粋真面目な性格の主人公
であるから性悪だ。

田舎の男が
「オレと仕事とどっちが大切か!」と
言った時にキレたまれに感心するも
結果その馬鹿男と結婚すると言うので
呆れて見るのをやめたら

その後、こんな甘ちゃん新人パテシエにきた
フランス留学の話しも蹴って
田舎に帰ってしまったという。

そして、漆塗りの女将になると言い出し?
それがどうなったか
途中で放り出し?

次にはケーキ店をやりたいと
信金に借金をして店を出すも、
田舎で1個500円のケーキを売り、
売れなくて悩み(このへんは一二回見た)
馬鹿じゃなかろかと
また見るのをやめると

妊娠したとかで
あっという間に何年か経ち、
子供は小学生?

子育ての苦労も見ていないのに
おっぱいケーキだの
母乳=グルタミン酸=昆布のケーキだの、
飛びすぎている。らしい。

家族が大事と言いながら
子供と遊ぶ時間は一日一時間、
毎朝味噌汁を作るのだけを
決め事として、
後は義妹に全部押し付けている。
そのわりに旦那といちゃいちゃしたり、
友達と恋話したり忙しそう。

気がつくとたしか居候のようにして
住み着いた夫婦二人の民宿が
主人公の大家族に占領されている。
これは乗っ取りホラーサスペンスか?

そのうち夢とか言い出して
「世界一のパテシエ」を目指して
都合よく現れた
過去に不義理をした店主の推薦かなんかで
世界一を目指すコンクールへの
出場が決まる。

この主人公、強運の持ち主で
何をするにも努力する以前に
周りの人がうまい事
お膳立てをしてくれるらしい。

にしても、
製菓学校へも行かずに修行も3年程で
田舎に結婚のために帰った子が
店を持つと言うのもオコガマシイ感じが
するのに
その店を一流店にしたわけでもなく、
ママさんコンクール?
その後のコンテストでも
優勝したわけでもないのに
いきなり世界一を目指して
一流パテシエが集まるコンクールに
出場できるのもおかしい。

そして、それを自覚していない主人公は
練習するより「テーマ」を決める事に必死で
透明ボードに何日も字ばっかり書いている。
練習しながら出来るやろ!未熟もん!と
私でさえ口走る。

そんな呆れた主人公が、
この世界的なコンクールで
ビリじゃなくて5等を取り、
悔しそうな顔を見せるのだ。

なんてご都合主義な脚本なんでしょう。

これを毎朝欠かさず
我慢しながら見続けていた
「朝ドラファン」の方々の
「朝ドラ愛」に敬服する。

ドラマの感想、見ていると
『ここまで書くか?』
という事もあるが、
朝ドラ愛に満ちていると思えば
なんだか理解もできる。

役者は与えられた役で
印象が決められてしまうと
昔から思っていたので
この主人公の子を
そこまで書かなくても・・・と思うも、

今日の、審査員に対するアピールを見て
「この子は合コンには絶対に誘いたくないな」と
合コンの予定もないのに強く思い、
不快さにチャンネルを変えてしまいました。

30過ぎの子持ちの人妻が
男の人の前で甘い声を出すって・・・
だから5位か!
これじゃ就職の面接官もズキュンだな。

実は大吾もそれで狂った設定か?
不義理の未熟弟子に
8年後に会いに来きて
コンクールなんて
つながりを持たせるなんて
そうとしか考えられない。

合間の冷たい仕打ちは
それを認めたくない心の
表れなのか?

ほっほう。

まぁ、大吾の告白がないと
分りづらいけれど、
「叩きのめしてやる!」は
愛の告白だったのか!
なるほど!

こんなふうに、
中途半端にしてきた
数々々の出来事が
今週中にスッキリ解決するんだね。

天下のNHKだもんね。
ちゃんとやるんだろうね。

したらこの脚本家は
今まで散々文句を言ってきた
「朝ドラファン」からも一目置かれる
天才脚本家の仲間入りを
するでしょう。
あ、演出家さんも。

あと三日で見事に
見せてもらえるんだね。
ワクワク♪

こんなんで視聴率上げても
名作入りしちゃうのかな。
アホくさ。

************************



************************




スポンサーサイト
【2015/09/23 21:46】 | TVをお試し |
夏ドラマ感想5
「ど根性ガエル」

最初の方でリタイアしたはずでした。
でも、いつからかなぁ・・・
なんだかんだ言いながら
見ていたんだよね↑。

ひろしが田舎に行った頃かな?
あ、結構始めだね。

『くだらない』と思いながらも
ピョン吉の東京なまりっぽい
尻上がりの独特のしゃべり方が好きになり↑、
満島ひかり、天才だな!と
心から感心していました。
(↑はピョン吉のしゃべり風^^)

撮影にはわざわざ現場に来て
声を出していたそうですね。

他の出演者の方々も
最初は『なんか違和感』と思いました。

ひろしは怒鳴ってばっかりで
ダメ人間ってかクズだったし。
かあちゃんは若返っているし、
梅さんはアゴがでてないし、
他にも色々。

そしてピョン吉が回を重ねる事に
剥がれていく→死が近い という設定は
『おいおい、また死ぬのなんのって
お話しですか?岡田先生~。』
と、死のテーマがお得意の脚本家に
呆れたりもしました。

でも、知っているんです。
岡田惠和という人が
登場人物を「簡単には」殺さない人だって。

だから気になっていたのでしょうね。

で、なんとなく毎週見るようになって
いつの間にか登場人物みんなを
『ベタベタしすぎ』と思いつつも
愛おしく思えるようになり、

気がついたら今日、
「良いドラマを見られて良かった」と
本当に思ってた。

ピョン吉が戻って、
偽ひろしが現れて、
かあちゃんに
「生きてていいんだよ。
ピョン吉が剥がれる度に
生きてていいんだろうかなんて
言ってたけど、
そんな事言ってたから
剥がれちまったんだよ!」は
なるほどと思えたし、

「どんな人でも、どんなダメ人間でも
幸せに暮らせる世の中を作りたい。」
的な事をゴリライモが言った時には
私も京子ちゃんじゃないけど
キュンてか、ウルッときました。

流石、天才脚本家岡田惠和です。

名作です!

今年、二番目にお気に入りの
ドラマとなりました。
(一番はやっぱり「デート」♪)

そして、
ピョン吉は戻ったけど、
視聴者としては
ピョン吉の声が聞けなくなるのが
ちょっと寂しいかな。

ひろしぃ↑
おいらー、ちょっぴり寂しいぜっ!。

**

あ、ピョン子ちゃんでしょ?
アレ!(笑)

**

それと、バックの音楽はずっと
変でした(笑)。

************************



************************




【2015/09/19 23:21】 | TVをお試し |
じっちゃんの名にかけて頑張っちゃた総理
安保関連法案に
賛成の一般市民が

「世界に貢献するのは当然の義務」とか
「日本だけ安全な立場にいるのは卑怯」
と言っていたのを聞いて、

先の戦争の時

「お国の為に戦うのは当然の義務」とか
「お前ら非国民だ!」と言って
洗脳されて行った人たちの事を
考えた。

かつての国民は皆
戦争を義務と思い
辛い思いをして戦ったけど、

戦うことは全ての人を苦しめるだけだと
心から理解した日本人だからこそ
「平和」を築いてこれたのだと思っていました。

「時が全てを解決させる」と言いますが、
「時」は大切な事を風化させるものでも
あるようです。

大切な事を風化させないために
「戦争」に関する資料館があり、
戦争体験を形にしたドラマがあり、
原爆ドームや平和の像があるのに。

「義務」とか「卑怯」と言う
言葉に弱い人たちの心が動揺し、
反発して戦争に導いていく。
「おいらは弱虫じゃないやい!」

そんな言葉に動じないで
誰も武器を持たないで
誰も殺させない
「平和」を守る事のほうが
ずっと勇気がいるし
世界を本当に幸せにする事ができる。

自衛隊は是非、
災害地で見せてくれた勇士で
世界中の人たちに
笑顔で感謝される隊に
させてあげたい。

日本の自衛隊は「そういう隊だ」と
世界に胸を張って言える総理じゃないと
ダメなのにな。

誰かを殺し、恨まれる
そんな国にはもう二度となってはいけないって
中国や韓国が見ているのにな。

賛成の人たちは
おじいちゃん大好き総理に
なんだか踊らされただけなんだ。

でも、怖いな。

************************



************************




【2015/09/19 23:05】 | 日々の出来事をお試し |
TV局は芸能人の居間状態
*敬称略*

我が家は台所から
見られるテレビがない。

夕飯の支度をしながら
リビングでかかる「笑点」の
音を聞いていたら
キクちゃんが誰かに落語の
指南をしている。

ふむふむ、相手はド素人の
アナウンサーかな?
そう思って画面を覗きにいくと
息子のキクゾウとの掛け合いだった。

『ああ。息子のフォローね。』

一人じゃウケないから? と思ったが
親子でもちっとも面白くない。
学芸会的な棒読み、
そして
いつものキクゾウラーメン

の宣伝に続き
キクオウナポリタンもよろしくね♪

的なことまで言い出した。

『まただよ』

と半笑いで思っていたら、
最後のオチはかわいい孫たちだった。

落語家にとって「オチ」は
とっても大切なもの。

なのに
芸人が芸で勝負しないで
芸のない家族を出して
お客を喜ばせているつもりって
どうなんだろう。

ここはお正月のキクオウ家の
居間か!

本気で手をたたいて喜んでいるのは
極々身内だけ。

弟子だって、同僚だって
喜んでいるように見えても
内心苦痛のお世辞だよ。

最近は独り暮らしの高齢者も
増えているのに
ウサ晴らしの「笑点」で
無神経に幸せ自慢しちゃう?

あの一席(芸じゃないのでちがうか)で
私の中のキクオウがどん底に
落ちてしまった。

***

最近、二世三世タレントが多いけど
なんでもかんでも出すなって思う。

明らかに
努力の姿勢が見える人だけ
見たいかな。

何年経ってもムスーっとして
明後日の方向見ているだけの
いる意味がわからない子や、
ただただハシャイで
自分のテイタラクをさらけ出している
アホ二世と言われる子は
そろそろいいんじゃない?

親が素人から裸一貫で頑張って
自分の道を築いたように、
同じ世界で生きるのもいいけど
本気を出して頑張っている
そんな子たちは応援したくなる。

自分の仕事の神聖な世界に
子供を入れるなら
せめて親がそれなりに
教育をして
立派に育ててから出して欲しい。

それが親のシツケだし、
自分の目指した世界に対する
ケジメだと思う。

親がダメなんだな。
自分の仕事を
軽く見すぎているんだな。

やっぱり大物すぎる親に
「うちの子頼むわ~」
なんて言われたら
「いえ、視聴率取れるお子さんじゃ
ないですからもう無理です。」
とは言えないよな。

スタッフも自分の身が危ないもんな。
一般市民の親は
そんなことで
権力振るったりしないもんな。

「徹子の部屋」の特集で
昔、芸人と息子が出ているのを見て
『なんで子供連れてきているの?』
と思ったら
子供がはしゃぎだして
じっと見ていた徹子さんが冷静に
『・・・あたし、そういうの
面白いとか思わないのよ。』
と言うのを見て
胸がスッキリした。

私も昔、犬を飼い始めた時に
あまりに可愛くて
職場のみんなに「見せてあげたい」と
思ったよ。
連れて行ったらみんな喜ぶだろうな~
と思ったよ。
でもやらなかった。
それくらいの分別はついていた。

芸能人はそういうの
自制できないらしい。
本気でみんな喜ぶって
思っているらしい。

そんならいつか
リビングセットに
そういう芸能人だけ集めて
家族自慢トーク番組でも
1個作っちゃえ!

それならそれで
同じ心境境遇の人たちが
ワクワクしながら見るだろう。
親バカ芸能人のバカっぷり見たい
面白好きの視聴者も見るだろう。

私も見ちゃうな。

それ以外では
芸のない芸能人家族は
出入り禁止にするってどうよ。

仕事場は
自分ちの居間じゃないんだからさ。

************************



************************




【2015/09/01 14:47】 | TVをお試し |
| ホーム |