FC2ブログ
春~夏ドラマ勝手な感想8
遅ればせながら
「崖っぷちホテル!」
の感想を・・・

***

「崖っぷちホテル!」

宇海が知人からブライダルを頼まれた。
丁度いいのでこのホテルでの
ブライダル事業のきっかけにしようと
みんなで受ける事にした。

プランナーはバーテンダーの枝川。
理由は
昔、ミスオマール海老のショーで出ていて
センスがありそうだから。

断ると思いきやあっさり受ける。

式は5日後。
当事者は今海外にいて、
宇海とは電話連絡のみ。

注文が多くて
3.45mのケーキを作れとか
生演奏のピアノを頼むとか
新婦入場を実況中継で盛り上げろとか
低予算のわりにいろいろ言ってくる。

普段から不愛想な枝川は
みんなに頼んで回るが
いい顔をされないので
「じゃぁ私がどうにかする!」と
キレてしまう。

ところが予算も時間もないので
ついに宇海を呼び出しギブアップ。

宇海いわく、

「大人が夢を叶えるのって
子供と違って難しいですよね」

「大人の夢を叶える秘訣は、
他人を信じて頭下げて
笑顔でいればいいって思うんです」

そして次の日、
自ら卵を泡立てて
ケーキを作る手伝いをするから
一緒にやってくれという枝川に対し、
ハルの専門学校の友達を大勢つれて
表れたハルと江口。

フロント係は
先日、怖がって行ってしまったが、
自分はピアノが得意だと言い、
生演奏を引き受ける。

お願いをした時には
不満顔だった丹沢もコッソリ
実況中継の練習をしていた。

そして式の前日のリハーサル。

みんな忙しいので
新婦の役は枝川がやることに。
そして、新郎役は時貞、
ではなく
先日仮採用でやってきた
前総支配人に雰囲気の似た男に
宇海がお願いしてきてもらった。

枝川がこの役を引き受けたのは
このホテルでブライダルをやるのが
前総支配人の夢だったから。

全てが上手くいき
うれし涙を流す枝川。

その時、余興で使う
巨大な球が転がって
ケーキを倒してしまう!

明日のウエディングケーキ~!

そこに宇海・・・
「すみません。知人から連絡があり
キャンセルになりました」

・・・。

とはいえ、
ブライダル事業に向けて
「お客様のどんな注文でも
迅速に叶える
ウインヴルサのウエディング!」
の基盤ができたので
めでたしめでたし
(*´ω`)。

というお話でした。

・・・ふぅ(;^_^A
相変わらず説明が大変なドラマだなぁ。

ま、それだけきちんとした
中身があるってことでしょうか??

今週はまったりと言うより
良いお話でした(#^.^#)。

このブライダルの話が
宇海が仕組んだ架空の話だったのか、
それとも本当だったのかは
謎のまま。

そこもまた、良いですね
(#^.^#)。

ただね、
先週入った清掃係の裕子が
妙に怪しくて、
ってか宇海を怪しんで
「バリスティンホテルに帰るつもり」だと
総支配人に告げ口をするのが
実に嫌な感じだった。

最初、これも宇海の仕込みかな
と思ったけど、
裕子の読みは間違っていたので
仕込みじゃなかったようです。

この子、いる?
いままでの良い雰囲気が
崩れないか?

お客の時は良い感じだったのになぁ。

多分、何か意味があるのでしょう。

あ、それに比べて
料理長のハルは
書かなかったけど
ずっと前向きで良いです♪

今回は専門学校の仲間が
みんなハルなまりで
おもしろかった。

ハルなまり、カワイイ!

***

ってことで、今回も
楽しめました。

で、なんですぐに
感想書かないかって言うと

このドラマが好きだから
感想書きたいからって、
一言一句逃さぬようにと
メモ取りながら見ているので
見終わると疲れちゃうんだよね。

書き逃すと
次に出てきた時に
見逃さないよう
聞き逃さないようにしなくっちゃ!と
・・・
こんなの楽しめないので
来週からはもっと
リラックスして見ようと思います。

ふぅ(;´・ω・)。

************************



************************

スポンサーサイト
【2018/05/16 13:31】 | TVをお試し |
春~夏ドラマ勝手な感想7

「崖っぷちホテル!」と
「花のち晴れ」を見ましたので
感想を・・・。

***

「崖っぷちホテル!」

事務責任者の丹沢さんが辞めるという。
近くにできる高級ホテルに
引き抜きされたらしい。

それを聞いて
清掃係の吉村と
フロントマンの大田原も辞めると言い出す。

それを素直に受け入れる宇海。

そして早速
代わりの人を募集する。

そこで仮採用になったのは
宇海の知り合いの
やり手の中年男。

その人は総支配人の父、
前総支配人に雰囲気が似ていて
みんなにも信頼されていく。

丹沢たちの送別会が開かれる日、
丹沢はその男に
数日前からホテルを
見回す姿を指摘され、
「まだ未練があるのでは」と聞かれるが、
丹沢はそんなつもりで
見回していたのではなく、
自分が大事に世話をしてきた
このホテルの「幸運の食材」の
すっぽんのスポ太郎を
探していたのだという。

数日前からいないのに
誰もそれに気づいていない。
それが不満でここをやめる決意を
したのが本当の理由だと。

所が、総支配人だけは
ちゃんとスポ太郎が消えた事に気づき、
ずっと探していた。
そんな総支配人から
強い気持ちでやめないで欲しいと言われ、
そして、
仮採用の男は新しく建つホテルの人間で、
このホテルに偵察に来て、
ここが良いホテルとわかったので
新しく建てるのをやめることにした
と言われて
ここに留まることにした丹沢。

清掃係の吉村も
同僚の阿部が
先日ベッドメイキング体験の客の事
ばかり気にするので
腹が立って辞めようと思ったが
阿部も自分を大事に思ってくれている
ことに気づき、留まる事に。

大田原もピエールに止められ
やめるのをやめていた。

最後に、偵察に来た男が
新しいホテルを作るのをやめた理由が
もう一つあるという。
それはこのホテルを気に入った娘に
とめられたからだと。

そして、その娘を雇って欲しいと。

その娘は・・・
先日ベッドメイクの体験にやってきた
あの客でした。

チャンチャン・・・♪

というお話でした。

(*´Д`)ハァハァ。

なんか何かいてるのか
どう書いていいのかわかんなくて
意味不明な、
滝沢カレンになったような
文章になってしまった。
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ。

すみません( TДT)。

日曜日に見てから
なんか書く気がしなかったのは
こういう事だったんだね。
うまく書けそうになかったと。

このドラマ、楽しいんだけどさ。

おまけに毎回
必ず???的なとこがある。

今回初めて
先週の?が一個、
ベッドメイク体験の客の件が
最後に結びついたわけだけど、

フロントマンと一緒に辞めたいって
わざわざ出してきた
初見の若い従業員は
あれ、何だったのかな???
丹沢に「僕たち、わかります?」
なんて言っちゃうくらい
お初だったよね。
何で出てきた?

これはいつか謎が解けるのかな???

まぁ、そんな疑問もひっくるめて
このドラマが好きなので
いっか(#^.^#)。

***

「花のち晴れ」

このドラマ、初回1分見て
年齢層が違うと脱落したのですが、

結構前に番宣で何かの番組に
平野紫耀くんが出ていて
かわいかったのを思い出し、
何気に今回見てしまいました。

と言っても
今回の主役はC5の紅一点
意地悪姫だった愛莉。

ずっと音に意地悪をしてきた愛莉が
心を入れ替えて
音と友達になりたいと言い出した。

→はっはーん、よくあるやつだね。
そう言って思いっきり裏切るんでしょ?

最初拒否ってた音も
愛莉が何故神楽を大事に思うのか、
誰にも話さなかった思い出を聞き
心が打ち解けていく。

→おや?本気でイイ子?
よく見るとカワイイし。

ところが結果裏切り、
父の経営するレストランの倉庫に
フィアンセの天馬と閉じ込め
隠しカメラで神楽に見せて
「音はしょせんこんな女!」と。

しかし神楽に叱られて家出。

→・・・
スミマセン、見たと言っても
このあたりまででした
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ。

その家出先が
神楽との思い出の場所だって
わかったので
べつにいっかな。と。

今どっか見たら
結局愛莉は反省して
音と神楽を応援することになったと
・・・。

へー、そうってなるかな。
また裏切るんでしょ?

よくわかんないけど
また気が向いたら見るわ。

花より男子も時々見てたし
花ざかりの君たちへは
好きだったので
ハマったら見るかも・・・。

(A^^;)。

************************



************************

【2018/05/10 10:39】 | TVをお試し |
春~夏ドラマ勝手な感想6
今期、見るもんがない。

「崖っぷちホテル!」の感想を
日曜日に書こうと思ったけど
ヘッドハンター見てからに
するかな・・・

と思いながら
見なかったので
遅ればせながら
「崖っぷち・・・」の感想。

***

「崖っぷちホテル!」

今週は、先週降格させられた
元副支配人の時貞と元料理長の江口が
元の座をかけて企画対決。

勝った方が元に戻れます。

時貞はセレブ向けの企画を。
江口はホテルのフレンチシェフ体験企画。
そしてそこに何故か
清掃係の阿部が
「それなら自分もベッドメイク体験を
お客様にしてもらいたい」と
その企画も通って
それぞれに申し込みが入る。

同じ日に3組、
それぞれの体験が始まる。

セレブの客は優しそうな人。
車のミニチュアを持って
商談に行く時、
シェフ体験の子供にぶつかり
車が壊れる。

しかたがないので
その子に車をあげて出ていく。

子供は父親とシェフ体験に来ていた。
しかし父親は仕事に忙しく、
子供だけの体験。
近くのファームに野菜を取りに行き
戻ってきてセレブの客にぶつかる。

もう一人の客は
いつかホテルのベットメイクを
仕事にしたい女の子。
清掃係の阿部にベッドメイクを
一生懸命に教えてもらう。

ファームから戻った子供は
フレンチを教わるはずだったが
忙しい父親の疲れをとってもらう
体にいい料理を作って
感謝の言葉を添えて父親に食べさせる。

感動して喜ぶ父親。

そして、
時貞により一流の和食を用意された
セレブの客が
それを微笑ましく見ていると
シェフの格好をした子供が
自分の作った料理をそこに持って行き、
ぶつかった侘びと
ミニチュアをもらった礼を言い、
セレブ客は喜んでその料理を
口にする。

次の日、みんな
満足をして帰っていきました。

宇海によって
「対決の判断を下すのはあなた」
と言われて悩んでいた総支配人。

お客様に喜んでもらえるように
「考えていくことが大事」
と言い、
江口の勝利を決める。

しかし江口は
自分には欠けていた事があったと
辞退する。

・・・
というようなお話でした。

↑見た人にしかわからないかな(笑)。

でね、今週感じた事は、
この脚本家さん、すごいなと
思いました。

それは、

この対決の最中が
どうも予測がつかなかったんだよね。

セレブ?親子?
ベッドメイク好きの女の子?

これがどう繋がるのかも
わからなくて
不思議な感じで最後まで
見ちゃいました。

結果・・・

子供の父親は
おもちゃ会社をやっていて
家には車のミニチュアがいっぱい
あるという・・・

じゃあ貰ったミニチュアと
何か結びつけるのかな
と思ったのに何もない???

ベッドメイク好きの女の子は
どうやって他の客と関わるの?
と思ったけど
何事もなく満足して帰っていった

( ^ω^)・・・

・・・

まぁ・・・いっか
(*´▽`*)

となりました。

・・・
なんなんでしょうね

やっぱりこのドラマの雰囲気が
細かい事はどうでもいいやと
思わせるのでしょう。

今回も気持ちよく
見させていただきました。

・・・

でね、脚本家を調べてみると

土井英生さん。
観月ありさ嬢の「斉藤さん」(2も)を
書かれてます

あと昨年BSプレミアムの
「この世にたやすい仕事はない」。
このドラマ、良かったよ。

あとは知らないんだけど

ちゃんとした「良い話」を
きちんと書く人のようですね。

あと、演出も
いいドラマの方が揃ってます。

ほら、雰囲気とかは
演出家次第でしょう?
だから上げたいのだけど、

きりがないので・・・

これから徐々に調べていけたら
・・・
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ。

でも、この雰囲気は
素晴らしいです!

来週も楽しみ!

************************



************************

【2018/05/01 23:01】 | TVをお試し |
| ホーム |