プロフィール

サンプル猫

Author:サンプル猫
最近はドラマの感想ばっか・・・
時々おススメダイエットとかオイシイもの。
サンプル猫のいろいろお試し報告書TOP

FC2カウンター

最近の記事

絶対お得!のオススメ!


素早くポイントが溜まるよ!

懸賞サイトChance It!
各アクションのポイント高し!


サンプル生活では欠かせません

カテゴリー

Amazon商品一覧【新着順】


秋~冬ドラマの勝手な感想6
今回は「Q10」と
「99年の愛」を・・・

***

「Q10」、やっぱり愛らしいわ~。

今回はしゃべり方を直すために
落語を勉強。
「若旦那っ!おてんとさんと米粒はついてや来ませんぜ!」

余計変なしゃべり方してましたけど、
誰かをさらりと応援するところは相変わらず。

手作りのキャラクター商品を売る
藤丘くんの弟を応援してましたね。

こうゆうのって、他のドラマだと
警察が出てきたり大人が文句言ったりするけど
そうじゃない所がこのドラマの優しいところ。

おまけに家に
お兄ちゃんの学校の校長先生。

家族だったの?!と思いきや
この校長もステキ。

家庭に問題ありのこの生徒の家に
勝手に?入り込んで片付けしたり
カレー作ったり。

そんで「どうせ」ってふさぐ生徒に
部屋を片付けて美味しいもの作って
「お母さんがしてきたこと」って
カレーのレシピ出して。

その言い方もホッコリしていいな。

あと、爆笑問題の田中さんと薬師丸ひろ子さんも
面白かった。

栗子が、ネットする時の電波の入り具合のために
小川先生に「あなたナシでは生きていけない」と
アンテナ代わりに据え置いちゃう。
「お嫁に行くとき持ってきます」だって(笑)。

最初は文句言ってた小川先生だけど
楽しそうに栗子のところに行くと
ゴムの木に席を奪われててちょっと寂しそう。

その栗子も
「駄洒落思いついちゃった!小川先生!」で
思いついた駄洒落を言えない
もどかしさというか寂しさを
ほんのちょっぴり見せてましたね。

このドラマに出てくる大人は
みんな可愛いなぁ。

そしてパパが
「愛獣」というイカガワシゲな店に
出入りしているところを見かけた平太。

変装しているママも見つけ、
家の金銭事情でその店でパパが働いてるって
知るわけだけれども・・・

だ、誰か
「愛獣」は焼きうどんも出してる
健全な店だって教えてあげて~(爆)!

それにしても
うどん食べるために
「愛獣」に入るなんざ、
栗子さん、物すごく鼻が利くね(笑)。

♪君が好き~~~~♪も好き。

***

「99年の愛」

最初は
「また橋田先生の戦中苦労ドラマですな。」と、

もちろんこれを伝えようとする
橋田先生のライフワークを尊重しながらも
ちょっぴり「どないやろ」という
邪悪な精神も持ちながら見始めました。

この前はブラジル移民のお話だったじゃない?
アメリカ移民ですか。ふ~ん・・・。って・・・。

草なぎ剛氏はじめ、
出演者の演技の良さと、

丘隆が起伏する広大な農地は美しく、
憎たらしいアメ公に燃やされる家の姿すらも
「風と共に去りぬみたい」と
映画を見るような感覚でおりました。

お話はまぁ、大体
アメリカに夢を持って渡って行き、
その勤勉さゆえジャップと嫌われる日本人の
苦労と努力のお話なんですが、

ずっと「ジャップジャップ」と言ってバカにし
憎みさえするアメリカ人が
どうして現代のように
日本人を受け入れるようになれたのか
不思議でなりませんでした。

その答えが442部隊。

442部隊は日系2世によって編成された
アメリカ軍の部隊。

日本と直接戦わせることは
流石アメリカもしなかったけれど
日本の敵アメリカの為に命をかけて戦うのは
大変な心の痛手だったでしょう。

しかし、日系二世の意地をかけて
大和魂を見せ付けるため!と
アメリカ兵を救うために
救ったアメリカ兵の数よりも多く
死者や負傷者を出して戦った442部隊。

それまでの活躍とその出来事が
頑ななアメリカ人の心を動かすことになりました。

凱旋パレードをし、
トルーマン大統領に直接表彰を受け、
それが全米に放送されたことが
日本人への偏見が感謝に変わり・・・。

トルーマンもやるねぇ!

とにかくこの442部隊が
本当に命をかけてアメリカのために戦ったから
戦後の日本が救われたと言っても
過言じゃないのではないでしょうか。

感謝です。442部隊に
日本人として心から感謝です。

これを現代の
何の疑問もなく平和な日本に
伝えようとした
橋田先生の功績もすごいです。

・・・

最後、でっかい農場主の平松家は
まぁアメリカですから良いとしても
10日間の蜜月で子供を授かれて、
その子供の経営するレストランは
武道館か!ってくらいデッカくって
孫もみんな幸せでひ孫にも恵まれ、
なんてラッキーな一家でしょう!

ってなところに
日本に帰され、探すことも忘れられた娘は
雑誌で特集組まれる
年収200億のデザイナー?

「苦労はしたけど良い人に恵まれて」
・・・

な~んだ。そんなサクセスストーリーだったのか。
橋田先生のドラマの主人公は
みんな最後大金持ちになるって
話なんだよな。

「渡る世間」ですら、
大金持ちじゃなくても
みんな何かしら大きく成功してるし。

あ~ウラヤマシイこと。
そこんとこが橋田ドラマの・・・

と文句を言いかけて気づきました。

さちも日系二世の意地で
必死に生きてきたので
大金持ちになれたんですね。

橋田先生のドラマには
「苦労しても頑張れば成功できる!」
ってメッセージも含まれているんだ。

でも橋田先生、
一般感覚とずれてるかも・・・。

***

で、他のドラマはどうしたの?と・・・

映画「バブルへGO!」見てても
「パーフェクトリポート」見てても
「小田霧響子の嘘」見てても
今週は「Q10」と「99年の愛」が良すぎて
気が入りませんでした。

ファンの方、ごめんなさい。

************************



普段何気なく食べてる
パンケーキが美味しく食べられるのも
442部隊のおかげです。

心から感謝。

************************




スポンサーサイト

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2010/11/08 11:05】 | TVをお試し |
| ホーム |