春~夏ドラマ勝手な感想7・今日はJINだけ
「JIN-仁ー」最終回

泣きました。

「○○先生へ」・・・
咲さんは心で覚えていたのですね。

そしてきっぱり
「お慕い申し上げておりました。」と、
名前も顔も思い出せない仁への思いを
ちゃんと綴っておいてくれました。

そのことが
仁の、仁にしかない
数年間という長い時の旅が
存在したことの証明です。

咲は、心の思いに従い
医療の道に進み、
生涯独身を貫き、
心の奥に潜む「何か」を思い
野風さんの子を引き取り
大切に育てて
未来の仁に届けます。

「咲さん、私もお慕い申し上げておりました。」

仁の心からの気持ちは
過去に戻れない悲しみというより
時空を超えた大きな愛への感謝と
本当の恋愛であったことを
感じさせてくれました。

最近本当の恋愛ドラマってないものね。

最後でそれを痛感させるなんざ
本当にすごい作品だよ。

***

しかし、何で仁が歴史を変えるタイムスリップを?

神様は恋人と医療への自信をなくした仁が
人として駄目になっていくのを
見たくなかったの?

しかも、何で仁?

それとも神ではなく
病床の未来の力?

未来はエスパー?

************************

【送料無料】JIN-仁- Blu-ray BOX【Blu-ray】

【送料無料】JIN-仁- Blu-ray BOX【Blu-ray】
価格:27,216円(税込、送料別)



************************




スポンサーサイト

テーマ:JIN-仁- - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2011/06/27 10:13】 | TVをお試し |
| ホーム |