スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
カンリョウのお仕事
昨夜、寝られないので
NHKをつけてみたら
「東北災害復興支援金」の話を
やっていた。

政府の予算としての「支援金」だ。

「支援金」が
東北の本当に困っている人に
渡っていないという話は
何度か聞いてきた。

間に悪い人が入って
くすねてでもいるの?

と思っていたが

今回の「支援金」は
国の予算としてきちんと
管理されているはずなのに
活かされてないという。

その仕組みはこうだ。

(以下、NHKを参考とした私の妄想)

***

国の予算を組む時に
「災害支援の予算もとらなくてはいけないので
緊急性のない経費はカットしてくださいね。」
と各省に御触れが出る。

と、各省庁は
「は~~~い。」と良いお返事。

言われた通り、
緊急性のない事業に
補助金などのストップをかける。

と、予算の止められた事業は
「そ・・・そんな~!!!困るよ~!
みんな生活がかかってるんだからぁ。
こうなるとお前の天下りも
アブナイかな(勝手な想像)」
と言ったかどうかはわかりませんが、
頭のいいカンリョウたちが
それで済ませられるはずが
ありません。
「わかってますって。すぐに予算出ますから
あせらずに待っててくださいって。」

とにかく各省庁の古い体質の
予算をガバッと取った方が
偉いでしょ♪
みたいな感じもあるのか
わかりませんが

手口はもうお決まりです。

とある工事系省庁の場合、
カットされた海岸沿いの道路の工事は
「台風や大雨の災害に備えて」のものでしたが
そこに「津波警戒」も入れて
書類を書きかえちゃうわけです。

とある外務系の省庁では
毎年海外から青少年を
無料で日本に招待する事業に
45億円くらい使っていた。

その事業丸々カット!
と見せかけて
「海外での東北の風評被害を払拭させるため」
みたいな理由をつけて
日本の観光先(研修先かな?)を東北にして
予算を「復興支援金」の方からいただく。

ま、私がその省庁の人間でも
それくらいのチョイ悪予算獲得法は
考えますよ。きっと。

でも、本当に東北の人たちが
新しい事業をしたいのに
お金も借りられず、
東北の地が復興どころか野原に
なっていくのを見たら
「もう少し待ちましょう。」と
なるでしょう!

そういう横のつながりがないのかね。
各省庁、自分たちの予算獲得と
天下り先の注文に答える
「現実問題」でいっぱいいっぱいなのよ。

ま、省庁の長年の悪体質の空気
みたいなのがあって
一人で正義感出しても
どうにもならないってのも
あるのでしょうが・・・。

実はカンリョウさんたちも
いいかげんこの悪をどうにかしたいって
思っているのではないですか?

***

で、こうゆう悪い風を
取っ払うために国民が送り込んだのが
政治家なのに、

なんだか「ソウリ」や「セイジカ」に
なることばかり考えて
右往左往。

思っていた「仕事」は
何にもやらないんですよね。

だから!

今度の選挙では
「セイジカ」じゃなくて
私たちの「国民の代表」を
選びましょう。

「国民の代表」が誰かって?

それは自分で今からきちんと見なきゃ!

自分の国に対する思いを
きちんと代行してくれそうな人。
それを今からちゃんと選んでおきましょう。

間違えても
いくら政治家歴が長くても
「セイジカになりたい願望」の人は
選んじゃ駄目よ!

************************

子供のころから
こういう本読んでおくといいかも。



************************




スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

【2012/09/10 15:30】 | 日々の出来事をお試し |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。