プロフィール

サンプル猫

Author:サンプル猫
最近はドラマの感想ばっか・・・
時々おススメダイエットとかオイシイもの。
サンプル猫のいろいろお試し報告書TOP

FC2カウンター

最近の記事

絶対お得!のオススメ!


素早くポイントが溜まるよ!

懸賞サイトChance It!
各アクションのポイント高し!


サンプル生活では欠かせません

カテゴリー

Amazon商品一覧【新着順】


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
秋~冬ドラマ勝手な感想9・ズボラなのか緻密なのか・・・
「相棒11」

今週は野球だかフィギュアだかで
「ドクターX」がつぶれてしまうので
「相棒」しか見るドラマが
ありません。(TへT)

で、その「相棒」も
どうもカイトくんの暴走に
ちょっと飽きがきていたようで、
夜9時になったにも関わらず
『お風呂入ろうかなぁ~』
なんか思っていた自分がいまして、

結局「あ、いけない~・・・。」と
途中からTVをつけるテイタラク。

が、今回のは途中から見ても
面白かった。

官僚の天下りのお話で、

どうやらやつらは
官僚やめてから2年間
かかわりのあった企業への就職が
禁止されたのをきっかけに
またもや悪巧みをして

官僚が天下るはずだった
関連企業に
一般の会社を巻き込み
そこの人たちを天下らせて、
その会社の関連企業に
官僚が天下り、
2年たったら
自分たちの行きたい場所
(そりゃ元々自分たちで作った
たいした仕事もしないで大金もらえる
そんな企業のがいいよねぇ)に
天下る。

という「シメシメ工作戦法」を
作り出していやがった。

か~!官僚のやつらめ~!!!

あ、これはあくまでも
ドラマの中での話ね。

で、この悪巧みに巻き込まれた
つぶれそうだった一般企業の社員が
この官僚の悪巧みに悩んで
いろんなしがらみの中で
突発的に起こしてしまった
殺人の話でした。

「お前らの選んだアホ政治家が作った法案だ!」と
悪徳天下り官僚は言っておりましたが、

本当だよ。

現実の世界でも
アホ政治家が
国民のための政治もしないで
党のため、自分の政治家生命のために
アホな論争繰り広げて

そんで合意する時には
「国民のため」じゃなくて
裏で「合意してもいいけど
うちの党のポストも用意してね。」なんて
党重視の政治家生命のための
くだらないかけひきなんかしてるから

官僚が、官僚のために作った
官僚がおいしい法案の
からくりも解けずにOKしちゃうんだよ。

そんな法案いっぱいある。

復興支援金のことだってそう!

本当に日本の政治家って
バカばっかり!

「党」が大事なんじゃなくて
「国民の生活」が大切なんだから
「党」なんかなくして
国民に選ばれた政治家一人一人の意見を
多数決して政治を進めればいいんだ。

ひとつの党の中に
全ての考えが同じ人が集まる
なんてわけないんだから
「党」なんか取っ払って
みんなで話し合えばいいんだ。

日本の政治家は
「自分」に自信がないんだよね。
どこかに所属して
美味しい蜜をもらいながら
導いてくれた方向へ
へ~こらついて行けたら
ラッキィ♪
くらいにしか思っていない。

自分のことで手一杯なんだ。

だから官僚に甘く見られる!

本当に腹が立つよ!

あ、ドラマドラマ。

で、これまた面白かったのが
ドラマの最後に
警視庁次長のカイトの父親が
「オレの考えた法案を壊したのは誰だ!」って・・・
オイオイ。

この方は、右京さんにとっての
前官房長みたく
良い間柄になってくれるのかしらん?
と期待していただけに驚きです。

やはり悪だったのねん。

しかし「誰だ!」の答えで
「特命係です」が出ると
右京さんを思い出して
『あの男ならやりかねない』と
言わんばかりの薄笑いを浮かべたのは
右にも左にもとれるから
面白かったです。

これからどうなって行くんでしょうね。

普通のドラマと違って
主人公の誠実さにほだされて
良くなっていくほど
簡単な相手じゃないですもんね
「中央官僚」ってさ。

***

そうそう、夜中に目が覚めて
「花のズボラ飯」を
ちょこっとだけ見られたので
そちらの感想も・・・。

「意味わかんない。」

ズボラっちゅーか
ウニウニしてて駄目でした。

************************



************************




スポンサーサイト

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2012/11/01 11:10】 | TVをお試し |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。