春~夏ドラマ勝手な感想1・はじまりました。
春から夏に向けてのドラマ、
始まりました~!

またまた勝手に
勝手すぎる感想言わせてもらいます。

と言っても
今回はまさかまさかの
NHKBS「大岡越前」のみ
なんですけどね。

***

「大岡越前」

私ね~、加藤剛の大岡越前
好きだったんだ~。
竹脇無我が小石川診療所の先生で
前の勘三郎が越前パパだったやつね。

子供ながらに 見てましたよ。

このシリーズ、長すぎて
エピソードが続かなくて
ほとんどが創作ものだったのだけど
私の好きなのは最初のころの人情話。
再放送で見てました。

大岡越前の有名なお話は
「縛られ地蔵」「二人の母親」「三方一両損」など
いろいろあります。

これをNHKさんでやってくれるかは
まだわかりませんが

見たいです!

で、今回ビックリなのが
NHKさんなのに
BGMはTBSの頃のものです。
NHKさんの懐の深さに
触れた思いで感動しました。

ありがとうNHK!

しかし、今回のお話は・・・

前半は紀州での後の吉宗とのエピソード。
これは見損なったので
後半のお話をすると、

人殺しで18年島流しにされていた男が
江戸に帰ってきた。
年老いた母親はもう亡くなり、
家もボロボロ。
そんな中、自分が殺したとされた男が
裕福な身なりで名前を変えて生きていた。

何のために18年間辛い思いをしてきたのかと
復讐をはかるこの男に
大岡裁きが!

と、ずいぶん端折りましたが(笑)

この御白洲での大岡裁きがさ、
「この越前、お前をひっとらえた
北町奉行に成り代わって頭を下げる。
このとおりだ。」
って・・・
そんだけだよ。

今なら冤罪するとその分
お金で償うでしょ?
この時代は御偉いお奉行さまが
頭を下げれば
「と、と、とんでもない。勿体無うございます!」
で、すごいことだったのはわかるけど。

ほんのちょっと「え?」の回でした。

ま、これからに期待だわ。

さてさて、配役のお話ですが、
今回越前役に抜擢されたのが
少年隊の東山紀之氏。

加藤剛さまに匹敵する
鼻筋背筋首筋はもちろん合格!

桜吹雪を見せるわけではないので
着物に隠されたモムチャンはいいとして・・・
とにかくそのスマートさは
とてもイイのです。

ただですね、

喋り方がモゾモゾして
聞こえづらい!

話し始めが強いのに語尾が聞き取れないよ!

ここんとこ直してくれたら
完璧なのにな。

ま、撮影終わっちゃっただろうから
言っても無駄か。

・・・

BSなので毎週見られるか
微妙ですが
(部屋のTVでBS見ないようにしてるので)
有名な人情話なら
頑張って見ます。

NHKさん、期待してますよ♪

************************

数ある時代劇の中で
一番面白いのが
人情話の大岡越前だとおもうよ。

【送料無料】大岡越前 第五部 DVD-BOX [ 加藤剛 ]

【送料無料】大岡越前 第五部 DVD-BOX [ 加藤剛 ]
価格:21,756円(税込、送料込)





************************




スポンサーサイト

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2013/03/30 22:20】 | TVをお試し |
| ホーム |