低体温克服(ーー;A)
以前、壇れいさんの愛飲されている
生姜白湯にて
低体温克服をご報告しましたが、

あれからすぐに挫折してました。

だってね、

私は本来
怠け者+貧乏性+合理主義。

白湯を作るのに
15分間火にかける毎日が無駄に思え、
たえられなくての挫折です。

とにかく白湯って面倒くさい。

無駄な沸騰時間に加え
熱いからって冷ますのも水入れちゃ駄目でしょ。
冷めたのを温め直すのも駄目でしょ。
電子レンジなんて論外。

ま、要は「生姜湯」なので
沸騰したてのお湯に
水道水をジャって入れて
生姜入れて飲めば良かったのですが、

私は本来マジメ人間(でも怠け者)。

私の中の久利生くんが
『それ、やばいっしょ!』
って言うんだもん。

それからは
久利生くんとお別れして
挫折という方向性。

ということで
真夏でも低体温35℃の日々でした。

が、しかし

ここにきて
オヤジっちの高血圧具合が
ビョーンとupしてしまったので
その対策用に毎日たまねぎ料理をつくり、
ついでに食べていたら
なんとまぁ、
いつのまにか36.5℃超えの日々。

すごいわ~!

中くらいの玉葱1/3個くらいなもので
効果があるなんて!

メニューとしては
そのままサラダにしたり
ポテサラに入れたり
味噌汁にしたり
カレー、シチュー、スープ、
炒め物、煮物、揚げ物と
なんにでもできちゃうから

たまねぎって
使ってみると便利。

とりあえず薬効を高めるための
注意点としては

調理する15分以上前に切って
置いておくようにしたのと
水にさらさないようにはしました。
(長く空気にさらすと辛味も臭みも減る)

父の血圧も下がりましたとも!

毎日飲んでた病院の薬・・・意味ないじゃん。

やっぱり医食同源ですね。

************************



************************




スポンサーサイト
【2014/09/23 12:54】 | 健康法をお試し |
| ホーム |