紅はるかを知ってるかい?
丁度一週間前のことです。
何気にBSでもと点けてみますと
TVショッピングのような番組が
やっておりました。

「OISIXのお試しセット」

そうか、4000円相当のものが
1980円ね。
お得だけれど、次回からは
4000円出さないと
買えないんだよね・・・。

そんなふうに思いながら見ていると
気になるフレーズが
飛び込んできました。

「生キャラメル芋も入っていますよ!」

なまきゃらめる・・・いも?

なんじゃそりゃ~!

生キャラメルなの?
芋なの?なんなの?
どうなってんの?!!!

気になります。
気になって仕方がありません。

その芋のために
お試しセットを買おうかとも
思いましたが、
芋2本のために1980円は
どうも・・・

ということで検索しまくりました。

楽天市場にもアマゾンにも
生キャラメル芋なんて一個もありません。

もっと検索、
でわかったことは
この芋の正体は
「紅はるか」だということ。

この芋、2年前くらいから
話題になっていたこと。

「鉄腕ダッシュ」とか
「満天青空レストラン」とか
「月曜から夜ふかし」とかで
とっくに紹介されていたこと。

へ???見ていたのに知らなかった。

ん=、最近の芸能人は
なんでも「うまーい!」って感激する。
辛口のマツコですら最近は
「これはちょっと・・・」
と言っている姿を見た事がない。

なのでスルーしてたんだな。
ふーん・・・って。

しかし、あの安納芋の時には
店で売っていない時に
いち早く情報を手に入れ、
種子島から取り寄せた程の
「あたらし芋」好きの私が
なんてこと?!

そういえば
何ヶ月か前にスーパーで、
焼き芋好きの母に買って帰ろうと
焼き芋コーナーを見て
「あれ?ここ、安納芋じゃないの?
紅・・・なんか普通。」
と、買うか悩んでやめたあたしがいた。

思い返せばあれが「紅はるか」だったんだ。

しかし紅○○なんて名前
昔からある<むせかえる芋>っぽい名前
だったから気がつかないよ。

そういえば
いつも行く安い八百屋さんにも
置いてあったかも。
「甘い!」なんてコピーじゃ
普通すぎてわからないし。

そして私の知らぬ間に
2年も月日が流れていたのね(涙)。

しかし悪いことばかりじゃない!
きっとその間に流通が良くなり、
絶対にお手ごろ価格になっているんだ!

早速楽天で探して注文。

いつもは底値を狙う私ですが
今回はちょっといつもと様子が違う。

安いのは「半分腐ってた」って感じの
怒りの口コミが結構あるぞ。

ってことで
これにしました。



これには低評価の口コミがない!
奇跡に近いぞ!

やっぱり、いくら安くても
腐ったのなんか入ってたらいやだ。
1個入っていても
テンション下がるもんね。

頼んだのが日曜日。
どうも一週間くらいかかりそう
と思っていると、
混んでいる時はもうちょっと
かかるようで
3月2日出荷だそうです。

ああ、待ち遠しい。
八百屋さんに行って買って来ようか。
いや待て。折角大量買いしたんだ。
楽しみにしてここは我慢のしどころだ!
しかし食べたい!
と、不毛な心の葛藤がありまして、
結局八百屋さんでも買っちゃいました。

早速安納芋と紅はるかの
焼き芋対決。

さてさて、私の好きな安納芋は
相変わらず焼き芋の女王!
半分に割ると美しい黄金色をして
しっとりなめらかで甘く美味しい!

紅はるか、この芋に勝てるかね。
と思っておりましたが、
勝ちました。

僅差ではありますが
食べれば食べる程美味しい。

芋の中の色は「きんとん」そのもの。
透明感のあるうっすら黒ずんだ黄色。
食べたら「きんとん」でした。
裏ごししたお芋に蜜を加え
練りに練ったあの「きんとん」の味。
正月ならこのままおせちに出せます。

昔からこのお芋があったなら
「おっかー、また芋か。おら白いご飯が食いてぇ」
なんて悲しい会話をするどころか
「わぁ、今日もお芋だね!」と
戦後の子供も
飛び跳ねて喜んだのではないでしょうか。

で、このお芋、もっと食べ進むと何故か
うっすらですが
あの「生キャラメル」の@生の
クリーミーさまで感じてしまう始末。

なんなのでしょうこのお芋!

オイシックスさん、あんたは偉い!
なんて命名をしたんだ!

まぁ生キャラメルというよりは
「生クリーム入りきんとん芋」
かもしれないが、
この「紅」の呪縛から解き放った功績は
素晴らしいよ。

もともと「紅はるか」の名前も
今までの芋より「はるか」にうまい!
って理由らしいのですが、
だったら「紅」はやめてほしかった。
「紅」のせいで気づいていない人、
まだいるかもしれないよ。

いや、昨日の夕方のNEWS番組では
この紅はるかのおかげで
スーパーに次々と焼き芋コーナーができ、
今年は芋の値段が4倍に上がったのだとか。

・・・ん?4倍?・・・。

サツマイモ農家さま。
新種の芋のネーミングには
是非とも慎重に、かつ大胆に
なってくださいませ。
よろしくお願いいたします。

************************

外国の人たちにも食べさせたいな!
世界に羽ばたける日本の誇りの味だよ。



************************




スポンサーサイト
【2015/02/28 23:45】 | おいしいものをお試し |
| ホーム |