スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
じっちゃんの名にかけて頑張っちゃた総理
安保関連法案に
賛成の一般市民が

「世界に貢献するのは当然の義務」とか
「日本だけ安全な立場にいるのは卑怯」
と言っていたのを聞いて、

先の戦争の時

「お国の為に戦うのは当然の義務」とか
「お前ら非国民だ!」と言って
洗脳されて行った人たちの事を
考えた。

かつての国民は皆
戦争を義務と思い
辛い思いをして戦ったけど、

戦うことは全ての人を苦しめるだけだと
心から理解した日本人だからこそ
「平和」を築いてこれたのだと思っていました。

「時が全てを解決させる」と言いますが、
「時」は大切な事を風化させるものでも
あるようです。

大切な事を風化させないために
「戦争」に関する資料館があり、
戦争体験を形にしたドラマがあり、
原爆ドームや平和の像があるのに。

「義務」とか「卑怯」と言う
言葉に弱い人たちの心が動揺し、
反発して戦争に導いていく。
「おいらは弱虫じゃないやい!」

そんな言葉に動じないで
誰も武器を持たないで
誰も殺させない
「平和」を守る事のほうが
ずっと勇気がいるし
世界を本当に幸せにする事ができる。

自衛隊は是非、
災害地で見せてくれた勇士で
世界中の人たちに
笑顔で感謝される隊に
させてあげたい。

日本の自衛隊は「そういう隊だ」と
世界に胸を張って言える総理じゃないと
ダメなのにな。

誰かを殺し、恨まれる
そんな国にはもう二度となってはいけないって
中国や韓国が見ているのにな。

賛成の人たちは
おじいちゃん大好き総理に
なんだか踊らされただけなんだ。

でも、怖いな。

************************



************************




スポンサーサイト
【2015/09/19 23:05】 | 日々の出来事をお試し |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。