春ドラマ勝手な感想・最終回
ラス前週は感想書かなかったけど
もちろんちゃんと見てました。
今回はこぞって最終回です。

***

水曜日

「世界一難しい恋」

放送日は朝から
番宣に出まくっていた
大野君と波留ちゃん。

大野君がしきりに
「キス、しました!」と
クールに、怪しげに
言っておりましたので
ラスキスかと思いきや、
わりと早め。

海辺の高台でのキスシーンは
ぎこちないけど優しくて
とても素敵でした。

しかし、帰りの車の中での
レイさんの二枚目顔は
なんだったんだ(笑)。

舞子さんの提案で
同棲をしたくなったレイさん。
しかし美咲は「出て行け!」を
聞きたくないから嫌だと。
レイさん、「我慢する」事を条件に
同棲にこぎつけたけど、

柔らかめのごはん。
固目の目玉焼き。
靴下の畳み方。
食後の食器の片付け方。

細かいことがイライラの原因に。
でも「我慢する」ことが
同棲の条件だから
レイさんのイライラはつのる。

これ、いいね。
今までの恋愛ドラマは
キスの次は結婚でめでたしめでたし
だったけど、
確かにこんな生活観の違いは
二人にとってとっても「難しい」問題。

こりゃ別れるな。と
マジで思った次の時間には
話し合ってみる事で無理なく解決。
あは(;^^A)。

このシーン、なんだか好きでした。

無理やりのこじつけじゃなく、
適当にスルーでもなく、
調子に乗ったレイさんが
「靴下のたたみ方」を言った所で
「じゃ、自分でやれ!」と
10回に1回のタメグチを
すかさず取り入れたミサさんは
全国の女性をスッキリさせただけでなく、
キュートさも併せ持たせて
とても楽しかった(笑)

この脚本家さん、良いですね。

そして一年後の
新しい鮫島ホテルの結婚式は
レイさんとミサさんのものでは
なかったけど、
レイ&ミサの二人はしっくりきていて
素敵でした。

めでたしめでたし。

あ、ところで
同棲前のレイさんの
ミサさん家のお泊り。
あれ、なんにもなかったって
ことですよね?
「俺たちの純愛」って
この期に及んで
胸張って言ってましたもんね(笑)

二人の純愛がどうなって
一年も続いたのかとか、
あとは結婚。気になるね。
これでSP一本やる気ですね?
楽しみにしております♪

楽しいドラマを
ありがとうございました。

**

金曜日

「私 結婚できないんじゃなくて、
しないんです。」

桜井くんとのお付き合いが始まり、
十倉がいなくなり、
気がつけばその先「結婚」への
道を見失ったまま秋を迎えてしまった
不安なみやび。
「巨豚(キョトン)」の文字を眺めて
恋愛成就の師匠十倉に
会いたくてしょうがない。

そこに十倉、帰国!やった!

あんたの帰りを待っていたんだよ!
あれからまったく進展していないんだから。
さあ、結婚へむけての
アドバイスを頂戴!

と、これは視聴者の
心の叫び(笑)。

そして頂いたのが
「エージェント作戦!」
ママを巻き込んでの
結婚へのお誘い作戦。

と、作戦決行のその時
桜井の姉ちゃんまで着いてきちゃった。
ところがどっこい、
これがママより強力なエージェント。
「ありがとうエージェント」と
小さな声でささやくみやび(笑)。

そしてその次の作戦は
・・・なんだっけ?
とにかくジョークで「結婚」を
延々とちらつかせる作戦。
それが良かった。
カフェの待ち名簿に書いた
「桜井 2名」に心揺さぶられて
「桜井に・・・なる?」

きゃ=!!!やったねみやびぃ!
そりゃ十倉に報告、そして抱きつくわ!
こっちも抱きつきたい気持ちだったよ。

しかし・・・お互いにこれで終わり。
「卒業」を言い渡されて・・・。

ママに結婚の報告。
みやび「桜井君とここまでこぎつけるのに
凄く頑張ったんだから!」
ママ「結婚って、頑張ってするもんじゃ
ないわよ。お互いに自然と・・・」

母校が建替えなんだって。
みんなで見に行こう。
本日朝ドラ終わりの紙ちゃんたちと
訪問する「あの頃」。

体育館で向き合う桜井とみやび。
青春の輝き。「卒業写真」。
なんて美しい演出?!
「思いを伝えられなかった辛さ」を
十倉の事を考えるみやびに訴える桜井君。
卒業式の日、最後に別れたみやびの姿と
桜井のもとを離れる今のみやび。
別れるみやびの背中を見送る
あのころの桜井君と今の桜井君。
♪あなたは私の青春そのもの♪

なんとまぁ、これを見ながら
私の頭の中は
「とと姉ちゃん」の事考えてました。
「なんだ、こんなに面白い脚本に
最高の演出、できるんじゃん。」
なんであのドラマは
「できない」のでしょう?

ああ、そんな事考えるのが勿体無い。
そしてみやびは十倉のもとへ。

「なんだその顔は。また失敗したのか?」

「私、結婚できないんじゃなくて、
しないの!」

「あなたは私が好きだ!
私にはあなたの事がなんでもわかる!」

「お前を今まで一度も異性として
見た事が無かった!」

まだまだ続くのかな、この掛け合い(笑)。

とにかく最高に楽しませていただきました。
本当に心からありがとうございました。
楽しかったぁ♪

**

月曜日~土曜日

「とと姉ちゃん」

上のドラマを見ながら
フカクニモ思い出してしまった。

私、このドラマ愛しているのかしら。
だからこんなにつまらない事に
腹を立てているのかな。

ヒトサマの引越した後の借家を
「時々掃除しにきます」???
なんじゃらほい???

今まで掃除した事あったんかいな?

朝は寝坊して
帰りは食事を待っているみんなを無視して
女同士でビアホール通い。
日曜は毎週男と甘味処で
掃除なんかする時間あった?
高給肉も外食も家族だけのお楽しみ。
住み込みだから家賃も食費も払わず、
店の注文も減っているのに
たいした役に立っていないカカの
給料待ってくれと言われたら
「いつまでですか?!」???
「カカ、タダ働き?」???
森田家を窮地に陥れた
張本家族のあんたらなのに
最後にわけのわからない
「私、いい子でしょ」アピール?

今週もびっくりぽんでした。

**

土曜日

「トットてれび」

先週はその前の向田邦子さんに続いて
渥美清さんとの友情?愛情?のお話し。

噂になったにもかかわらず
堂々と毎年正月には「寅さん」を
映画館に見に行っていた二人。
北京ダックのダック入りを
約束通り
お腹一杯食べさせてくれた「お兄ちゃん」。

病気で苦しくて
撮影所でも笑わなくなっていた寅さんを
唯一笑わせた「お嬢さん」。

素敵な思い出でした。

そして最終回は
森繁久弥さんとの思い出。

・・・
昔ですね、
美空ひばりさんの物語の主役を
岸本加代子さんと浅茅陽子さんが
やったのを見ましたが(別作品)、
最初は全然似ていない
と思いつつ後半は
美空さんがのり移ったかのように
そっくりに見えた事がありました。

この「トットてれび」も、
ミムラさんの向田さんだけは
雰囲気出してる!と思いつつ、
最初は獅童トラさんにも
不満はあったのですが、
一生懸命やっているその姿に
こちらもなんとなく
似ているところなんか見つけて
好感持って見れるようになっていました。

しかしどうしても
吉田鋼太郎氏の森繁さんは
最後までTOKIOの松岡くんにしか
見えませんでした。残念。

満島トットちゃんに関しては・・・

途中、モノマネ芸にしか
見えなくなったのですが、
徹子さんの歩き方とか仕草とか
物凄い研究をしている姿に
後半はリスペクトです。
森繁さんとの「徹子の部屋」は
『あ、こういう徹子さん、見た』と
本人に重なって見えました。
凄い女優さんです。

またトットちゃんといろんな人の
エピソードを同じように
見せていただきたいです。
続編大希望。

素晴らしいドラマを
ありがとうございました。

**

日曜日

「99.9%」

今回はカトゥーン中丸くんが
冤罪をきせられた役。
うまく結びついて
スッキリの回で良かったです。

うふん?
でも、深山のお父さんの事件の
真犯人にまで辿り着くのかと
思いましたが、
関係ありませんでしたね。

という事は
このドラマも
スペシャルやりますか?
続編もありそうですね。
楽しみです。

ちなみに今回は
巨千(泉じゃなかった)大橋以外は
寒い風が吹きまくりましたよ。

それからなんで
最終回なのにまた
スイッチャースイッチ入れまくり?
チカチカして腹が立ってきた!
あの演出は頭痛を起こすから
やめて欲しい!!!

***

私的に今週(最終回)は、
トップが「私結婚できないんじゃなくて、
しないんです」

次が「世界一難しい恋」

この差は、
「私・・・」の方が若干
ストーリー的に楽しめたかな。

今期は最上のラブコメが
二本も見られて
嬉しかったです。

「99.9%」に関しては、
まだ終わった気がしないのと、
「トットてれび」の方は
途中挫折しかかったので
総合評価はナシにしときます。

************************



************************

スポンサーサイト
【2016/06/19 23:35】 | TVをお試し |
| ホーム |