冬~春ドラマ勝手な感想8
今回は

「99.9」
「海月姫」

2本で出しちゃうぞ。

***

「99.9」

今回は大御所ロック歌手
JCの疑惑を晴らしました。

あ、スミマセン端折って
(#^.^#)ゞ

その内容よりも
尾崎と元同僚の裁判官、
そしてイイ人ぶった川上裁判長の
関係が重要でした。

尾崎はわりとクールに
仕事を進めるタイプだった
みたいですが、
今回、尾崎が弁護する裁判の
裁判長になった元同僚は
事件の真相をきちんとしたいタイプ。

この人に相談を
持ち掛けられた川上は、
「お前らしい裁判をすればいい」
「いい判決を期待してる」と。
・・・あれ?川上、イイ人?

と思ったけど
やっぱり違いました。

この手の真面目くんは
仕事の邪魔と
結局地方に飛ばしちゃう。

きー、嫌なヤツ!

なんかね、鶴瓶師匠自体が
表面「イイ人」&
あの細っこっちい怪しい目
なので
もろ川上に見えちゃう!

すごい演技力とも言える(笑)。

最後にまたイイ人ぶってたけど、
深山はいつか
この川上の化けの皮剥いで
正体世間に明かして
くれるんでしょうね?

楽しみです。

で、今回の小ネタを
ツイッターから拾わせて
いただきました。

王泉幼稚園に奈っ楠幼稚園
大泉洋にNACSって・・・
しかも犯人は安田(笑)。

安達祐実がゲストで
彼女の住んでいる所の名が
コーポラスリュウで、
その前を犬つれて歩く女の子が
もろ家なき子(笑)。

うどん屋さん「鳳亭(法廷)」の
メニューが
駄津極飯 → 脱獄犯
実鶏飯 → 実刑犯
お酒に合う野菜炒め
最高菜 → 最高裁

誰かが見てた新聞に、菊池さん
(シーズン1で板尾氏がやった科学者)
ノーベル賞逃してた記事(◎_◎;)。

・・・
まだまだまだ
書ききれないくらいあるんだよ~。
私?王泉幼稚園くらいは
解ったけど・・・
みなさん観察力が半端じゃない!
尊敬する!
もちろん番組制作者さんたちも!

ついでに裏の
「行列のできる法律相談所」で
北村弁護士が
「99.9%ありえない!」と言って
「松潤好きだな!」と
突っ込まれてたって。

(◎_◎;)

日テレさんも凄いよ。

***

「海月姫」

おもしろい。

登場人物の隅から隅までが
可愛くてチャーミング。

「杉もっちゃん
このチャンネーの事も
サーチリしてくれる?」の
花森さんも杉もっちゃんも

稲荷さんのお付きの
肉まん食べる佐々木まで、
いや、稲荷さんですら可愛い。

で、この稲荷さんの意地悪で
修の衝撃写真を見せられ
月海は大きなショックを受ける。

でも本当は稲荷さん、修と
ヤッチャッテないんだよねん♪

なのに月海は酒まで飲んで
修の事を忘れようと・・・。

でも、修が天水館にやってきて
「あなたの事を守りたいと思ったから
抱きしめた!」と。

何やら急接近の修と相反して
千絵子さんとジジさまに
男だとバレて
出入り禁止を言いつけられる
蔵之介。

って、予告ですっかり
出入りしてんじゃん(笑)。

なんか愛おしいドラマです。

***

「女子的生活」が終わってしまって
この「99.9」と
「海月姫」が今のところヒットかな。

あ、あと「カクホの女」もだ。

「anone」が今実に微妙な線。

それにしても
4つもヒットがあるクールって
最近珍しいな。

実に嬉しい♪

************************



************************

【2018/01/29 22:30】 | TVをお試し |
冬~春ドラマ勝手な感想7
滅茶苦茶大寒波な中、
今回は

「海月姫」
「anone」
「カクホの女」
「女子的生活」

です。

***

「海月姫」

蔵之介が天水館の水道を
壊してしまった。

と言っても老朽化。
なのでみんなでどうにかして
20万円の修理代を・・・

蔵之介のアイデアで
バザーにオタクの品を
出すことにした。

すると海月の作った
クラゲの人形が大好評。
みんなでクラゲ人形を作り、
ネットで売って20万をかせぐ。

そんな時、
天水館のあたりが
再開発のために
取り壊される?

地上げ屋と鉢合わせした蔵之介、
「10億でも20億でも買ってやる!」
と宣言!

はは~ん♪流石お金持ち♪
と思ったら
天水館のみんなが稼ぐの???

そこで思いついたのが
「海月のドレスを作って売ろう!」
・・・どうなることでしょう。

このドラマ、とにかく
キャラクターがみんなチャーミング。

見ていて「のだめ」を思い出したよ。

似せているのかな。
アフロとか、
コインの催眠術とか
次男の子供の頃のトラウマとか、

なんか怪しいけど許しちゃう。

前回、蔵之介の女装は
「女子的生活」に劣ると書いたけど
ゴメン、撤回。
やっぱりめちゃくちゃ可愛い。
大好きだわ(笑)。

今回一番笑ったのは
地上げ屋?の稲荷さんとお付きが
天水館から塩をかけて追い出され
頭が塩で真っ白(笑)。
マジ漫画チックで笑った。

***

「anone」

なんだか今回は
お金お金で
ちっとも楽しくなかった。

しかも偽札。

なんで今回、
こんなテーマにしたんだろう。

最初の妄想おばあちゃん
ファンタジアは
どこに消えたかな。

来週もこんななら
もう見ないかも。

***

「カクホの女」

二人暮らしの姉妹の
妹の誘拐事件が起きた。

北条と三浦はコンビを組まされ
姉のいるアパートへ。

事情を聞いて
カンのイイ三浦が
この姉が何か嘘をついていると
確信した。

で、なんだかんだあって
犯人を取り逃がし、
妹の死体が上がり

三浦は責任を取って謹慎。
しかし北条が真犯人に気が付く。

結局犯人は姉。
お金の事で喧嘩して
カッとなって殴ったら
死んでしまったと。

・・・
名取裕子さんの事件物ドラマは
数々あれど、
私、これが一番好きかも。

のほほんとしていても
流石キャリアの警部の視点。
上司の三浦が警部補ってのも
おもしろい。

そしてそれだけじゃなく
目的は婚約者を殺した
真相を知るためってのも
脚本の良さだと思う。

おもしろい。

みっけもんだわ(笑)。

***

「女子的生活」(終)

4話にして最終回。

小悪魔ゆいちゃんは
田舎の彼と結婚決めました。
幻想と付き合っていたと思ったら
指輪持ってやってきて
手を触ったらリアルだったと・・・。

はいはい、どこへでも行って
幸せになっちゃってください。

で、ゆいちゃんサヨナラ♪

会社の上司の指示で
取引先のセレブの娘主催の
合コンにいく事になったミキ。

女子は手作り料理持参。
ローストビーフを振る舞う女子の横に
ポテサラのハム巻きを持ってくるミキ。
「男子の舌は中二」なの。

ところが遅れてやってきた
セレブ娘はドジ子+服のセンスPTA+
男子一人一人の好みおにぎり&
唐揚げという「母の味」で
男子全員の胃袋をかっさらった。

ミキの事情をしっている
セレブ娘と彼。
セレブ娘に気に入られたミキ。
連絡先の交換を迫られ、
次の日から会社帰りに迎えに来て
お揃いの服とかデカいヌイグルミとか
買ってくれるセレブ娘。
疲れ切るミキ。

ミキの誕生日前日の夜
貴腐ワインと
干しブドウ入りクリームチーズを
持参してミキに振る舞うセレブ娘。

「さて、これらに共通する事はなんでしょう」
ミキ「・・・ぶどう?」
「ブー、時間です」

じっくり味の染みこむ煮物とか
塩の馴染むおにぎりとか、
この先に美味しいものがあると思うと
頑張れる。とセレブ娘。

・・・その前に
合コンの帰り、
同僚のかおりちゃんに
「孤独死が怖い」
「結婚しても安泰というわけじゃ
ないのはわかっているんだけど、
何で結婚したらオールクリアって
思っちゃうんだろう」
と言われ、
「それがまっとうな生き方と
誰かに刷り込まれてきたから」
と答えるミキ。

セレブ娘の時間の話は
ここにかかっているの???

そこに後藤が帰ってくる。

そしてセレブ娘の彼も来て、
こいつの嫌味に嫌な雰囲気に。

ミキはいじめられるのは
慣れているので何とも思わない。
でも、後藤に
イイ事を言われ、ほめられ、
恥ずかしいのは耐えられなくて
部屋から飛び出す。

水族館に行くミキ。

水族館のおじさんに
「きれいですよねミノカサゴ。
孤高だけどチームプレーもできる、
キレイで毒があって
それだけじゃないって最強」
と言われる。

迎えに来る後藤。

そしていつもの朝が来て
女子的生活が始まる。

ラストは髪をショートにするミキ。

・・・
何が言いたいのか
わからないようなわかるような。

ま、いいんじゃないんでしょうかね。
そこんとこが
このドラマの存在意義。

みたいな?

4話で終わっちゃうなんてもったいない。

是非続編をお願いします。

その時は、
ゆいちゃん的な子は
やめてね。

そこ以外は大好きなドラマでした。

おもしろかったです。
良いドラマを
ありがとうございました。
(#^.^#)/

***

今期のお気に入りが
固まってきたところへ
「女子的生活」の最終回。

ちょっと寂しい(´;ω;`)ウッ…

でもまだまだ続きます♪

************************



************************

【2018/01/27 00:01】 | TVをお試し |
冬~春ドラマ勝手な感想6
今回は

「特命刑事 カクホの女」
「女子的生活」
「99.9」

です。

***

「特命刑事 カクホの女」

何気につけたTV東京。
名取裕子と麻生祐未が主役?
伊東四朗に高橋克典が脇で出てる!?

なんて豪華なの?

見かけたけど
金曜8時枠は
落ち着いて見られないんだよね。

という事でTVerで視聴しました。

警視庁人事部から
神奈川県警の刑事課に
移動をしてきた北条(名取)
刑事課班長の三浦(麻生)は
この移動に違和感を感じる。

北条いわく
ずっとデスクワークだったので
定年前に「犯人カクホ!」ってのを
してみたかったので
ご褒美に移動させてもらったと。

ところが3年前、
婚約者(鶴見慎吾)が
三浦に殺されたと思っている北条は
それを確かめに(復讐?)
ここにやってきたらしい。

・・・で、
北条は、警視庁で長年
デスクワークをしてきた視点を使い
事件解決に貢献していく。

主要俳優の平均年齢高し!

麻生さんはアラフィフだけど
最近姑役とかばかりやっていたので
『そうそう、これよ!』というくらい
キリッとした役がカッコイイ!

毎回立ち回りして欲しいです♪

名取さんはいつもの
なんか呑気だけど
いざという時シャキっと
事件を解決させちゃう役。

今回は三浦の敵視が目立ってましたが、
この三浦が今回黒田刑事部部長の
陰の悪だくみを指摘したのが原因か
来週はこの二人がコンビを組むようです。

なんか面白そう。

来週も見ます。
楽しみ。

***

「女子的生活」

ん~・・・
最初から見ると
毎回ゆいちゃんとの
仲良し場面から入ることに
なるのかな???????

始まって5分後くらいから
視聴しようかな。

エロとまでは言わないけれど
ゆいちゃんが苦手です。

で、今回は
ミキが仕事で
地元に帰るお話です。

お兄ちゃんがオンナっぽいミキの事
昔からなんか嫌ってたんだね。

それでミキはずっと
家族にすまないって感覚を
捨てきれなかった。

だから、家を出て・・・。

今回の仕事先の女性は
母親にすまないっていつも
思って生きているような人で、
帰りの車の中で
「距離をとってみてはいかがですか」と
身の上話まで上げてアドバイス。
でも、その人に
「あの・・・男・・・ですよね?」
って言われて
「都会じゃこんな格好できるんですね」
的な事感心して言われて
「頑張ってください」って
・・・

この微妙な感覚、いいなぁ。
ミキはヒトにアドバイスした事
微妙な感覚で後悔します。
で、落ちこんで
駅のホームで時間がたち、
後藤がやってきて、
雪で電車が動かなくなって、
ホテルでも探すかと駅の外に
出てきたら、
たまたまミキの父親が・・・

怒られるかと思ったら
なんかいいお父さんだよ?

この後お兄ちゃんもやってきて
口論&後藤が殴られ・・・
なんか和解していないのに
後藤が泣いて
「お兄さんにもわかってもらえて
良かったな!」って。
??????
と思っていたらミキが
「お前今のちゃんと見てた?」って。

後藤君はかなりの天然らしい(笑)。

帰り道、後藤がミキに
「お前お兄さんに
楽しい事あるの?って言ってたけど
お兄さんは役所勤めで
それが楽しいのかも」的な事を
言っていて、

先週のミニーさんの話もそうだけど
とにかくこの脚本は
押し付けがなくて素敵です。

押し付けてもすぐに反省する。

いい脚本家さんです。
坂口理子さん。
覚えておきます。

***

「99.9」

今日はいよいよ深山パパの
冤罪が晴れます。

そのために、みんなが金沢に
集結できるように仕組む班目。

それにしても、
夏・・・なんだね。
蝉の声がしてた。
撮影も夏にしたって事?

そんな季節感もそうだけど

あれ?これ何曜日?
検察官は休みじゃないの?と
曜日もよくわからなかったし

あげく、
登山者記録調べ終わった時間は
一体何時だったの?
夜中に見えたけど
野菜が売られてたから
すごい早朝?と思ったり
でも、コンビニのおじさんの
奥さんはまだ起きてたみたいなので
夜中?と思ったり。

わからないから
こだわらないように
気持ちを切り替えた(笑)。

あれだけ中塚さんと落合くんが
調べても見つからなかった
お守りを
佐田の娘が持っていたなんて
ベリー都合イイ(笑)。

でも、そのおかげで
事件解決。

そして、
真犯人は捕まえられなかったけど
なんとも憎たらしかった
大友検事正は
辞職した。

ちょっとスッキリした。

これまた都合よく
金沢に赴任していた
丸川検察官は
イイ人になっていたし。

今回も気持ちよく見られました。

にしてもね、
事件に関わった警察官役に
小倉一郎さんが出ていて、
真犯人の名を何故小倉にした?

意味があるようで
まるでなさげ。

ま、それがこのドラマの
不思議なところ。

来週から大友健次官に代わって
鶴瓶師匠が悪役で出てくるのかしら。

あの目は、怖い(爆)。

楽しみです。

************************



************************

【2018/01/21 23:30】 | TVをお試し |
冬~春ドラマ勝手な感想5
今回は

「海月姫」
「ファイナルカット」
「きみが心に棲みついた」
「anone」

です。

***

「海月姫」

月9。能年ちゃんで映画化。
漫画原作。

もうこれは、私の見る領域では
ない。と
見る気もなしに見ました。

したらね、なんか好きかも。

瀬戸くんがね、グレーテルでしょ、
好きなんですね。
「女子的生活」には劣るけど、
かなりの可愛さで女子化してるし。

主役の芳根ちゃんも
朝ドラを忘れさせるキュートさ。
あの挙動不審な動きは好き。

そして同居人たちのオタク加減も
みんな可愛い。

お話的に好きになれるかどうかは
まだわからないけど
何気に会いたくなるキャラクター多し。

なので、
気が向いたら来週も楽しみたい♪

***

「ファイナルカット」

脚本家につられて見ようと思ったけど
思ったほど見たい気持ちがつのらなかった。

なので途中から見たら、
ああそう、このオンナDも
相当な悪ですね。
この顔つき、見たくないわー。

こういう悪い奴らは
最後に御仕置されるのが
スッキリなのでしょうが、

これ、どんだけ並べるのかな。

昆虫採集だって、
一匹一匹捕ってたら
途中で何匹かは逃げ出すよね。

みんな揃うまで
待たなきゃいけないのね。

と、亀梨くんは好きだけど
無意味にピョンピョンされるのは
どうも・・・。

多分脱落でしょう。

ごめんなさい。

***

「きみが心に棲みついた」

やっと始まったね。

でも、予告でなんか嫌な予感がしたので
見ませんでした。

役者さんのこと
嫌いになりたくないからね。

視聴した人の感想見たら

やっぱり見なくて良かった。

これから3か月、
役者さんたちもキツイだろうね。

それとも逆に開き直って
ぶっ飛びヒットとなるか?

にしても、見ないな。

ごめん。

***

「anone」

偽札の人は通称「あのねさん」
なのかと思ったら
名前が「あのね」なのらしい。

偽札に気づいたハリカ。
やっぱりカノンさんのために
お金が欲しいのか。
でも、性格いいんだよね。
偽札で脅すつもりが
いつのまにかあのねさんに
寄り添ってるじゃん。

ここまでで気になる点が2つ。

偽札作りは犯罪。
これを映像化するにあたり
警察に届けだしたのかな・・・
と気になって気になって・・・。

そして、ネコちゃん。
そう、印刷所の猫ちゃんじゃなく
ハリカがネットカフェに置いてきた
あの猫ちゃんは
お腹すかせていませんか?
トイレは大丈夫?
と、気になる。

名台詞もいいんだけど
そういうのが気になって
ちょっと飛ぶ。

カレー屋さんとムショ帰りの女は
やはり組んで「裏金」を盗みに行く。

そこにハリカが居合わせて
捕まって、
連れていかれた先に
悪い奴とピストル?

どうなっちゃうのん?

気になります。

今日のセリフは

どっかのバカがドミノ並べて
そこに並んじゃうなんたらかたら。

坂元裕二氏の言葉遊びは
おもしろいです。

おもしろいだけじゃありません。

どこかの感想で
「犯罪者を出して遊ぶ感覚が嫌い」
というのがありましたけど、

違うんです。

遊んでいるんじゃないんです。

この脚本家さんは
世の中の理不尽を
救おうとしているのです。

日の当たらない犯罪者の悲しみを
きちんと世の中に出そうと
してくれているのです。

でも「99.9%」と同じで、
真面目な事を伝えるために
そればかり並べても伝わらないから
まろやか加減を加えているのです。

この手法ができる人は
凄いです。

来週ももちろん見ます。

************************



************************

【2018/01/18 00:59】 | TVをお試し |
冬~春ドラマ勝手な感想4
今回は

「もみ消して冬」
「西郷どん」
「99.9%」

いきます。

***

「もみ消して冬」

コメディーです。

山田涼介くん。可愛い。
私、好きです。

波留ちゃんも小澤のお兄ちゃんも
梅雀パパも
執事の浅野さんも
執事弟子の千葉くんも

みんないいです。

山田くんの部下の小瀧望くんは
どこかで見たような・・・
と思っていたら
「世界で一番難しい恋」の
やたら空気の読めない君でしたね(笑)

で、お話の最後に

秀作(山田君)に
ずっと冷たかったお姉ちゃんが
秀作の活躍を認めて
笑顔で人参をあげるとことか
秀作のプレゼントは
一度も開けた事がないパパが、
秀作のあげたセーターを
着てでてきたとことか
なんか素敵でした。

でもね、でもね、

なんかお話の内容が
つまらないって言うか・・・
なんかどうでもよくって、

コメディー仕立てなのはわかるけど
山田くんの顔芸に頼り過ぎ
っていうか・・・

脚本家さんが「せかムズ」と同じ。

あれも相当ハラハラムズムズ
見ているこっちが恥ずかしい感じで
見きったんだよね。

あれもまさに
出演者さまのおかげ。

たまにいいセリフが入って
結果、心温まるので
嫌いじゃないんだけど・・・

大人になって
小学生向けの漫画
見る感覚に似ている。

いいんだけどね。

って、作者たちは
おばさんは見なくても
一向に構いません。
って気持ちなんだろうな(笑)。

***

「西郷どん」

あはははは・・・
見ませんでした。

リタイヤってわけじゃなく
・・・。

***

「99.9%」

いきなり出た長江健次「ナッ!」

これ、わからない人は
「ナッ!」「ナッ!」って
うるさいなぁって、
わからないよね(笑)。


お気に入りの立花先生、
(榮倉奈々ちゃん)
アメリカに行ってしまった・・・
(本当は子育て中)

走れサダノウィンの歌
あの子が歌ってる(笑)

小ネタが多すぎて
追いつかない・・・

今回の依頼人は
殺人容疑がかけられた
会社社長の娘。

一緒についてきたのが
親友であり元裁判官の
尾崎舞子(木村文乃)。

尾崎は完全に
父親が犯人だと思っている。

「早く罪を認めさせて情状酌量に」

被告は事件が起きた夜
帰ってから
「脂肪め、しぼぅめ~!」と
駄洒落を言った。
人を殺してこんな駄洒落は言えない。

「何件も案件を持つ裁判官は
効率よく結果を出したい」らしい。

だから本当に、
尾崎の被告に対する物言いが
いかにも冤罪を作り出す
警察官や検察官の口調。

あんなにしつこく「認めろ」と
言われたら
暗示にかかっちゃうね。
怖い怖い。

結果、深山とチームの協力で
相手の証拠を覆し、
被告人も釈放されるでしょうと。

ほんと、ホッとする。
これこそが正義の味方だよね。

それにしてもいつも思うんだけど
長塚圭史さんの演技は
・・・・・。
演出の腕は良いらしい。
パパと声がそっくりなので
ナレーションとかいいかもね。
そっちに専念して欲しいと思います。

最後に鶴瓶さんが裁判官で登場。

この人、別件で
「あなたの歌の歌詞のように
心を・・・」なんとかかんとか。
と、有罪の被告に声をかけ
温情裁判官とかなんとか言われてる人。

そういう心ある裁判官、いるよね。
うんうん。

と思っていたら深山が

裁判所でしか会わない裁判官が
被告に人生を語るなんて
・・・的な・・・
深山の言葉は重い。

こう思っていた弁護士とか
いるんだろうな。

ちっとも真実を調べもしないで
資料見てフィーリングで
有罪♪ 無罪♪ って
一人の未来
決めちゃうんだもんね。

そんな人が
「今度の判決の時、何いいこと言おうかな♪」
なんて考えていると思うと
そりゃ実情知っている人からしたら
腹立つよね。

ましてや深山みたいに
事件の真実をきちんと知ろうと
走り回っている人にはね。

で、お話の方は
尾崎が何故裁判官を辞めたのか
気になるし、
深山パパの案件も動き出したよ。

そういえば、深山パパの話は
前作の時に解決されてなかったね。
ってことは完全に
今回のシリーズ予定してたってことだね。

とにかくこのドラマは面白い!

心配してた木村文乃ちゃんも
確かに嫌な役ではあるけど
なんかクセがありそうで
本性が出てきたら面白そう。

来週も楽しみ♪

*****

「99.9%」見ててわかった。

やっぱりドラマは
見たい!と思うものが見たいんだ。

「西郷どん」は
見たい!と思わなかったんだね。

その要素が先週のうちに
見つからなかった。

今週からの主役の鈴木亮平くんは
芸達者なのは知ってるけど
やっぱり見たい!と
思わなかったので・・・。
スミマセン。

そんなこんなで、
そろそろ淘汰されていきそうです。

今のところ
「anone」と「99.9%」は
視聴続行確実です。

************************



************************

【2018/01/14 23:23】 | TVをお試し |
前ページ | ホーム | 次ページ